悪質業者のチェックの仕方

速報!!! 当方の全面勝訴となりました!!

 

もっと読む
他業者様様の偽名アドバイザーが起こしていた申し立てが、第3者中立機関により、棄却され、当方の全面勝訴となりました。正義は勝つ!ですね。    

 

 

一番のポイントは、私のように名前や連絡先を明らかにして活動している自然人であれば、プライバシー権や名誉権などの権利を持ってクレームできますが、偽名で作り上げたアドバイザーなどというアバターには、自然人としてのプライバシー権や名誉権はないのでクレームできないという点です。    

 

 

特定の自然人であるというのであれば、権利も持ちますが、一方で義務も負います。この偽名で作り上げたアドバイザーなどというアバターは、納税をしていたり、マイナンバーを持っているのでしょうか?そんな訳ないですよね。    

 

 

アバターのプライバシー権?アバターの名誉棄損?バカバカしい話です。子供でもわかる話です。     誰かが仮に、「偽名1」、「偽名2」 …..  「偽名100」など、偽名を100個、使い分けているとしたら、それぞれにつき100のプライバシー権、名誉権があると思っているのでしょうか?      

 

 

その「偽名1」~「偽名100」が、プライバシー権、名誉権を主張するのなら、その「偽名1」~「偽名100」それぞれが、納税もしていなきゃいけませんし(自然人としての納税の義務)、それぞれマイナンバーを持っているはずですね。    

 

 

偽名で権利だけ主張しようとか、偽名でビジネスをしていこうとか、偽名で世の中を渡っていこうなんてことが、実際の世の中では通用しないと、思い知らされたことでしょう。      

 

 

私は名前や連絡先を明らかにして活動している自然人ですので、プライバシー権も名誉権も持ちます。その点がこの偽名アドバイザーと真逆の点です。    

 

 

ですので、今度は、こちらから、この偽名アドバイザーに対して、損害賠償請求訴訟を起こすべく、弁護士と準備中です。    

 

 

つきましては、この偽名アドバイザーはメールやLineでの交信をしているようなので、  

 

 

この者とのメールやLineでの交信記録をお持ちの方には、最高10万円の謝礼を差し上げます。  

 

 

この者との音声交信記録をお持ちの方にも、最高10万円の謝礼を差し上げます。  

 

この者の映像・画像などお持ちの方にも、最高10万円の謝礼を差し上げます。  

 

その他にも、この者の有力情報(家族、親戚、学校の同級生 etc)をお教え下さった方には、最高30万円の謝礼を差し上げます。

注)
様様=自分に恩恵・利益を与えてくれる人や物の名に付けて,感謝の気持ちを表す。
「こんなに料理が楽にできるなんて電子レンジ様様だ」

(三省堂大辞林)

 


他業者様様のダマシの手口全公開しました!

 

業界浄化のために、偽名を使っているインチキアドバイザーがいる他業者様様のダマシの手口を全公開します。

 

結論から言いますと、    

 

他業者様様は「短期ビザで婚前招聘して来日したら、自動退会処理になり日本国内でのサポートは一切しない」と明確に宣言しているのです。つまり結婚前に短期ビザで招聘させることが主目的で、お客様の結婚など関知しないのです。  

 

 

弊社のように、真剣にお客様の結婚・女性の来日までお手伝いしているところからみると、信じられないことです。

 

 

結婚紹介所を名乗っているわけですから、お客さまはまさか、結婚前の招聘をした時点でハシゴを外されるとは思ってもみないでしょう。    

 

お客様としては、結婚紹介所なんだから、当然、結婚まで面倒見てくれるはずと思っているわけです。    

 

しかし、信じられないことに他業者様様はそうではないのです。「短期ビザで婚前招聘して来日したら、自動退会処理になり日本国内でのサポートは一切しない」と明確にしており、結婚前に短期ビザで招聘させることが主目的なのです。

 

 

その一番の証拠に、結婚の実績ビデオが全くありません(弊社では多数の、お見合いから結婚式までの実績ビデオを掲載しています)。   

 

 

結婚前に招聘すべきとの口車に乗って、女性を招聘させたお客さまは、結婚までこぎつけていないのにも拘らず、なぜか「自動退会」させられ、「日本国内でのサポートは一切しない」と一方的にシャットダウンされてしまうのです。(招聘した女性が日本で不法就労するため、責任逃れ。なお、もちろん業者はフィリピンパブから紹介料を得ます)    

 

お客さまは知らないうちに、不法就労・不法入国の片棒を担がされることになってしまいます。    

 

さて、一つ一つ、検証していきましょう。    

 

まず、無料スカイプ。これは見込み客を釣るための古典的な導入手口で、わざと無料にしているのです。そもそも、無料スカイプでホイホイ出てくるような女性は、真面目に普通の仕事を持っている女性はいないです。    

 

真面目に普通の仕事を持っている女性であれば、そう簡単に仕事は休めません。1か月先までのシフトが組まれているのが普通ですから、そんなショートノーティスで、上司の許可は出ません。フィリピンの常識。日本のように恵まれた労働条件にないのです。仮に休みが取れたとしても休んだ分は給料から引かれます。      

 

ビザ目当て、不法就労目当ての女性だからこそ、後々の「利」を期待して、ホイホイ出てくるのです。    

 

さて、そのHP上では、婚約までにセックスすることをあおり、    

 

一方で、フィリピン女性に、婚前セックスに前向き、積極的という発言をさせたビデオをユーチューブにアップロードし、    

 

すぐにセックスが出来そうだという想像を見込み客に抱かせ、釣ろう、引っ掛けよう、成約しようとしています。    

 

とにかくお見合いをさせ、短期ビザで招聘させるのが目的(女性は不法就労が目的。業者はフィリピンパブからの紹介料を得る)なので、導入部のお見合いは費用を低く抑えている。    

 

しかし、それも導入部だけ。    

 

「毎月女性へのお小遣いの交渉を代行する手数料」が12万円だって!何ですか、それ。12万円?タダでもおかしくないのに。    

 

その他にも、    

 

「相談費用」が40万円弱!    ウチなんか相談は言うまでもなくタダですよ。

 

「招聘手続きに関するアドバイス」が30万円弱だって!    ウチなんかアドバイスは言うまでもなくタダですよ。

 

素人の自称アドバイザーが、その誤った稚拙な素人知識を述べるだけで、約70万円も取るって、どういうことですか?!!!百害あって一利なし。自称でアドバイザーを名乗っている素人の茶飲み話程度の話に、70万円も払う価値がありますか???    

 

素人の的外れな稚拙な誤ったアドバイスを聞く我慢料として、70万円、向こうが払ってくれるというのなら、まだわかりますけど。    

 

しかも、それはアドバイスだけであって、実際の招聘ビザ申請費用は約6万円さらに追加だって!     短期滞在ビザでの招聘は、自分でやっても特に難しくないし、費用もほとんどゼロ。たとえ、プロの行政書士に書類の作成を頼んだとしても2万円くらいでやってくれるのです。    

 

驚くことに、上記の費用には、結婚式も披露宴も入っていないのです。    

 

それで、さらに別途費用として、披露宴なしの「式だけ」で、約20万円!!「式」だけですよ。フィリピンの「式」なんか、5分で終わりますよ。5分で20万円!コストはゼロですよ。市役所の婚姻執行人がやるんだから。    

 

10人しか参加しない披露宴をするとなると、さらにまた別料金で20万円弱!    

 

それ以上の普通の結婚披露宴は、別途見積りと書いてありますが、側聞した情報では、総額200万円を超える額をふっかけられるらしいです。    

 

結婚まで行かないように、高めの設定をわざとしているのでしょうね。        

 

注) 様様=自分に恩恵・利益を与えてくれる人や物の名に付けて,感謝の気持ちを表す。 「こんなに料理が楽にできるなんて電子レンジ様様だ」 (三省堂大辞林)

 

もっと読む
   一番の悪質業者は、偽名を使っているインチキアドバイザーがいる他業者様様。(鈴木と名乗ったり、セキヤと名乗ったりしているらしい)

 

この偽名を使っているインチキアドバイザー、性犯罪者。振り込め詐欺に加担、詐欺で服役。だから本名も、顔写真も出せないらしい。

 

 

アドバイザーなどと「自称」しているが、ただの自称であって実は専門知識など、まるで、なし。このインチキアドバイザーと話したことがある人によると、アドバイザーと言いながら、プロセスに関し、具体的なこと、詳細な事を尋ねても、答えられなかったとの事。

 

 

それもそのはず、このインチキアドバイザーは、昔、この他業者様様の客だった、ただのド素人。性犯罪者。今は、この業者からコミッションをもらってカモを探している。

 

 

フィリピン現地にいる実質のオーナーも偽名を使っている。偽名はサイトウ。本名は、笹沢。

 

 

すべて、ウソだらけ。

 

 

 

注)
様様=自分に恩恵・利益を与えてくれる人や物の名に付けて,感謝の気持ちを表す。
「こんなに料理が楽にできるなんて電子レンジ様様だ」

(三省堂大辞林)

 

 

 

偽名を使っているインチキアドバイザーがいる他業者様様。引っかかった方がインターネット上で生々しい体験談(ブログ)を書いていました。脳卒中で半身不随になった方です。その方と電話で話した時、「詐欺」と認める発言をしていました。

 

 

その方が、他業者様様から紹介された女性と会ったお見合いの場で、

 

1. 女性から、自分には2人の子供がいるとシャアシャアと言ってきた(偽名を使っているインチキアドバイザーは、登録女性に子供はいないと自慢げに書いていたのに)

 

 

2. 女性から、すぐに毎月の小遣いの話を持ち出された(偽名を使っているインチキアドバイザーは、仕送りはしないと自慢げに書いていたのに)

 

 

3. 性行為を拒否(偽名を使っているインチキアドバイザーは、結婚前に性行為をすると自慢げに書いていたのに)

 

 

4. 女性から、月々5万円の仕送りを頼まれた(偽名を使っているインチキアドバイザーは、仕送りはしないと自慢げに書いていたのに)

 

 

お金目当て、ビザ目当て100%です。大変な目に会います。愛なんて、まるでありません。

 

 

 

ところで、そういう業者は、「法定概要書面」や「法定契約書面」を交付していません。ですので、クーリングオフの時計はいつまで経ってもスタートしませんので、たとえ、もう結婚して、奥さんが日本に来てからでさえも、全額返金受ける事が出来ます。実に簡単です。

 

 

独立行政法人 国民生活センターホームページ

 

 

法定契約書面をもらっていたとしても、必ず記載しなければいけない事項が抜けていたり、虚偽の記載があったりしたら、いつでも全額返金請求ができます。

 

 

偽名を使っている業者は、その書面に記載が義務付けられている、

・契約申込・締結を担当した者の氏名

 

に関し、虚偽の記載をしているということです。

 

 

ここに偽名が書いてあれば、アウト・違法なのです。ですから、お見合いをしていようが、結婚相手を紹介されて既に結婚していようが、全額返金を要求することもできるのです。

 

詳しくは、以下をご覧下さい。

他業者様様での偽名が違法であるわけ

 

 

 

では、引っかかってしまって、奥さんがいなくなってしまった場合はどうするか?入管に対して通報してください。婚姻の実態を失っているので、奥さんのビザは無効です。(在留資格の取り消し)

 

 

 

参考(出典:注解・判例 出入国管理実務六法より):
”「日本人の配偶者等」の在留資格は、本邦において、日本人との婚姻関係又は血縁関係に基づく活動を行うための在留を認めるものである。

 

 

例えば、法律上の婚姻関係は継続していても、同居し、互いに協力し、扶助しあって社会通念上の夫婦共同生活を営むという婚姻の実体を失っている場合には、本邦において日本人の配偶者としての活動を行うものとはいえず、在留資格該当性は認められない。”

 

 

 

入国管理局ホームページ

 

 

 

上記のような業者は、日本国内のパブにフィリピン女性を売り渡す人身取引をしているとも言えますから、入国管理局の人身取引に関する情報提供・相談窓口にも連絡すべきです。その業者の名前を具体的に入管に告げるのをお忘れなく。

 

 

 

 

 

 

さらに、そういう業者に対しては、(だまされた訳ですから)訴訟を起こすことをお勧めします。正義感の強い有能な弁護士を紹介することもできますし、もし60万円以下の金銭の支払を求める訴えであれば、少額訴訟を起こすこともできます。

 

 

 

裁判所ホームページ

 

 

 

 

 

 

 

ところで、現地での活動を売りにして、現地で女性のスクリーニングをしているから安心ですなどとキャッチフレーズでうたっている業者の場合、お客さまはお金を失うだけでなく、フィリピン国外追放になり、2度とフィリピンに入れなくなる可能性があります。

 

 

そのような業者は、フィリピン共和国法に明確に違反するからです。現地での活動を売りにして、現地で女性のスクリーニングをしているから安心ですなどとキャッチフレーズでうたっているのは、フィリピン法をなめすぎです。多分、条文を特定して見たこともないのでしょう。一昨年、より厳しく改定されたのも知らないのでしょう。

 

 

条文を特定して見たとしても、読み込むには通常の英語力だけでなく、法律英語に通じている必要もありますし、読みこなせないのでしょう(例えばLapse into Lawなんて表現は、普通の辞書を調べただけでは本当の意味はわからず、逆の解釈をしてしまったりする)。

 

 

そのような業者の事は、すでにNBI(フィリピン版FBI。National Bureau of Investigation)には、通報してあります。

 

 

そういう業者はフィリピンから自社ウェブサイトにアクセスできない設定にしてありますが、これも、なめすぎ。一般の人だって、ある方法を使えば、フィリピンからだって簡単にアクセスできます。中国でフェイスブックができないにも拘わらず、ちょっとしたやり方さえ知っていれば、中国国内在住の中国人でもフェイスブックができたのと同じです。いわんや、NBIのサイバー隊であれば、子供の手をひねるよりやさしい。

 

具体的なやり方は、こちら

 

 

業者が捕まるのは業者の責任ですから、構いませんが、お客様は、その業者に支払ったお金を失うだけでなく、罰金も払わされ、さらに国外追放になり、2度とフィリピンに入れなくなります。そういったことにならないよう、業者選びは、よくよく、お気をつけ下さい。

 

 

よくフィリピンでは、汚職警官がいるので、難癖をつけてという話がありますが、現地での活動を売りにして、現地で女性のスクリーニングをしているから安心ですなどというこういった業者の場合、難癖どころじゃない、真っ向から法に違反していますので、普通に危ないです。