フィリピン女性との現地お見合い体験記2

フィリピン女性たちとのお見合いは、ホテルチェックイン後、近くのカラオケ店だった。国際結婚フィリピンさんによれば、周りの目を気にせずお見合いできる個室を確保するためと、リラックスした雰囲気の中でとりおこなうためとの事。

 

確かに美人フィリピン女性を10人以上も集めているので、もしホテルのロビーや、レストランなどで行なったら、とても目立ち、フィリピンの一般の人たちから、奇異な目で見られたことだろう。でも、個室だったので、まったくそういう思いはせずに済んだ。個室と言っても、広い。

 

大勢の女性を選んだのは、国際結婚フィリピンさんから、次の申し出があったため。

「折角行かれるのですから、多くの女性とお会いになった方がよろしいかと思います。20人くらいノミネートされても大丈夫です。

日本人ですと、約束にも時間にも正確ですが、フィリピン人は「フィリピンタイム」などという言葉があるように、1時間、2時間遅れは、ざらにあります。

では、「遅れる」だけで、3時間待てば絶対来るのか、5時間待てば絶対にくるのかというとそんなことはなく、ある約束をしていても、他の用事ができたりすると、物事の重要性、優先順位で判断するより、その時のフィーリングや成り行きで、後からの大したことでもない用事に平気で行ってしまうという気まぐれというか無責任と言うかそういうところが国民性としてあります。

 

また、現地の気候として突然のスコールが来たりしますが、それでまったく外に出かけられないという、いたしかたない状況になる事もあります。(水はけが悪いので洪水状態になる)

それで、20人くらいをノミネートしたとして、その日の天候によりますが、豪雨だったとして、6割来たとして12人、5割来たとして10人と見ています。 

いずれにせよ、実際に会ってみると、写真で見るのとはまた違ったりもしますので、会う前にあまり絞り込んでしまうより、門戸は広くあけておいた方が、きっとご満足いただけるものと思っています。

当方といたしましては、少ない人数の女性を呼ぶほうがはるかに楽で、経済合理性もありますが、お客さまのためを考えての事です。」

 

現地世話人兼通訳のAさんがひとりひとり女性を隣に呼んでくれたので、それぞれの女性と、Aさんを通していろいろと話をした。1次会が終わるまでに4人に絞り込んだ。

 

後半、女性たちの盛り上がりが、すごかった。最後はみんなでテンポの良い曲をシャウトしながら踊りだすというクラブさながらの様子。Aさんに聞くと、こんなに盛り上がるのは、珍しいとの事だった。

 

カラオケ店での支払いは12,000ペソだった。結構、飲み食いしたのに一人1,000ペソ(2000円)と安くあがった(女性10人+本人+通訳)。女性たちへの交通費については、国際結婚フィリピンさんから、

 

「女性たちへの交通費ですが、1次会のカラオケ店で帰らせる子には、交通費を各人に500 ペソくらいあげて下さい。

この時渡す心づけに関しては、 一人あたり 0~500ペソでよろしいかと思います。つまり、交通費とトータルで一人あたり、500~1,000ペソをあげることになります。」

 

と聞いていたので、Aさんに5000ペソ渡し、各人に分けてもらった。

 

この日のマニラ到着は夕方だったので、もう2次会に行くのには疲れてしまったので、ここでお開きとし、翌日また4人に会うことにした。

 

 

 

フィリピン女性との現地お見合い体験記その3

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

国際結婚のコースの申し込みをされなくても、あなた様が無料会員登録されますと、新着のフィリピン人女性の情報など、お得な情報をいち早くメールでお送りしますので、お好みの女性を見逃すことはありません!

 

しかも、会員登録をした日本人男性は、フィリピンの女性たちとのメール交換を無料で利用することもできます!(翻訳も無料サービスなので、皆様は日本語でやりとりするだけです)

 

今すぐ、会員登録を!

無料ご入会申込み(会員登録)フォームはこちらです

 

 

 

国際結婚フィリピン トップページへ