フィリピン女性とのお見合いから国際結婚までの流れ

フィリピン女性と、お見合い・国際結婚を希望する日本人男性の為にご用意した、「結婚コース」の流れを説明しています。

 

明るく楽しいフィリピン女性

 

 

フィリピン女性との国際結婚・来日までの手続き・流れ

 

結婚コースをお申込みされたお客様は、基本的に3回の渡航で、お見合いから結婚までを完了することになります。(どうしても会社の休みがとれない場合、2回渡航でも不可能ではありませんので、ご相談下さい)

 

お見合いコースをお申込みされたお客様は、1回の渡航で、お見合いだけをする事になりますので、下記の「1. 一回目の渡航 – お見合い」のところをご参照ください。

 

結婚コース、お見合いコースの詳細は、「コースと費用の説明」のページをご覧下さい。

 

 

 

1.一回目の渡航 – お見合い

2泊3日~。どうしても会社の休みがとれないという方は1泊2日でも可能ですので、ご相談ください。

 

 

1回目の渡航時がお見合いとなり、具体的なスケジュールは以下の通りです。

 

 

◆皆様に日本を午前便(朝9時~10時頃発)で出発していただくと、マニラには、午後1時~2時くらいの間に到着します。日本航空(JAL)でも、全日空(ANA)でも、フィリピン航空でもOKです。

 

現地のスタッフがマニラ国際空港(ニノイアキノ国際空港・通称ナイアNAIA)までお迎えにあがり、皆様をお待ちしています。

 

マニラ国際空港(ニノイ・アキノ国際空港)での待ち合わせ場所は、航空会社ごとにターミナルが異なりますので、「フィリピン・マニラ国際空港での待ち合わせ場所」のページの説明と写真をご参照下さい。まず、迷うことはありませんが、念の為。

 

こちら(日本)とは、事前にLineやViberでつながっていっていただくので、ポケットwifiさえ、日本でレンタルして持って行っていただければ、何かあった時でもこちら(日本)と無料で通話料を気にせず連絡がとれます。

 

ポケットwifiのレンタルについては、「フィリピン訪問時に持って行くと便利なポケットwifi」のページでご説明差し上げていますので、ご参照下さい。

 

下記の現地スタッフの名前と写真は「運営者情報」のページでご紹介しています。これら日本語堪能のスタッフが、皆様の空港到着時から、お見合い中はもちろん、最終日の空港お見送りまで、常時アテンドをいたしますので、ご心配はありません。

 

 

◆まず、スタッフは、空港から、皆様と一緒にホテルまで行き、チェックインのお手伝いをいたします。ホテルはあらかじめこちらで予約して取っておきます。

 

◆ホテルにチェックインし、荷物を部屋に置いたら、早速、女性とのご対面(お見合い)です。緊張を解き、リラックスした雰囲気で進める為に、お見合いはカラオケ店で行ないます。

 

なぜカラオケ店かというと、第1に、個室を予約しておくので(個室と言っても大きいですが)、他のお客さんを気にしなくてもいいという大きなメリットがあります。

 

この段階では、複数の女性を、あなた様日本人男性一人が連れているので、個室でもなければ、地元のフィリピン人から注目を集めてしまいます。そんな思いをせずに、のびのびとリラックスしてお見合いに望んでいただく為です。

 

第2に、飲食をしながら、カラオケをして、徐々に打ち解けていけるような状況から始めたいからです。いきなり初対面の大人数の女性たちと、シ~ンとした場所で対峙するのは、なかなか大変でしょうから。

 

しかも、あなた様が各女性と通訳を交えてお話ししている間、他の女性たちは、歌を歌うこともできるので、退屈することもありません。フィリピン女性は歌が好きで、積極的に歌います。日本人のように尻込みする事はありません。

 

 

ちなみに以下の動画はウチのお客様の実際のお見合いの様子です。

 

 

このように、スタッフが、常にお客様のそばにいて、通訳したりお世話をしたりいたしますので、ご心配は要りません (^^)v

 

 

 

こちらはウチのお客様の実際のお見合いの様子ですが、その時のノリによっては、お見合いがこんなに盛り上がることもあります。

 

 

カラオケ店はホテル近くのカラオケ店を、私共で事前に予約しておきます。

 

フィリピンのカラオケ店は当然の事ながらタガログ語と英語の歌のみのところがほとんどですが、そこは、日本語の歌もありますので安心です。

 

フィリピンでウケる日本の歌(つまり現地の人がよく知っている曲)については、「フィリピン女性とのお見合い・国際結婚に役立つ雑知識あれこれ」のページで説明してありますが、宇多田ヒカルの「ファーストラブ」、高橋真理子の「フォーユー」、徳永英明の「最後の言い訳」、竹内まりやの「シングル・アゲイン」、長淵剛の「乾杯」、浜田省吾の「もうひとつの土曜日」などです。

 

 

 

どんな話をしたらいいかなどは、下記のページをご覧下さい。

 

フィリピン女性とのお見合いでの話の進め方 5つの秘訣

 

フィリピン女性とのお見合い・デート時に役立つタガログ語

 

 

◆1軒目(カラオケ店)で、女性の容姿や振る舞いを観察して、もうこの子は自分の結婚候補者リストから外してもいいと思われる女性は、2軒目に行く前に、家に帰らせてあげて下さい。

 

女性たちは大体ジプニーで帰りますので、遅くまでいると帰りが危険になってきますから、帰らせる女性は早めに帰らせます。ジプニーについては、「フィリピンの現地交通手段あれこれ(ジプニーなど)」のページをご参照下さい。

 

◆2軒目は、好みの女性を3 – 4人に絞って行きます(もちろん、一人に絞ってもOKです)。この子たちの帰りは、2軒目が終わってからなので、当然、1軒目で帰らせた女性たちより遅くなりますが、この子たちにはタクシー代を渡してタクシーで帰らせてあげれば、彼女たちは安全に帰れます。

 

その2軒目ですが、飲んで盛り上がって騒げる所が良ければ、例えば、「タイズ (Tides Grill & Bistro)」という店 に行ったりします。

 

 

騒がしいところが苦手な方は、フィリピン料理のレストランである「コンゴグリル」とか、「メサ」に行っても良いでしょう。

 

 

コンゴグリル

 

 

メサ

 

何を食べるのか、飲むのかなどは、下記ページをご参照ください。

 

国際結婚のお相手のフィリピン女性と楽しむ現地の食事

 

国際結婚のお相手のフィリピン女性と楽しむ現地の飲み物

 

 

◆2日目はまた違う女性たちとお見合いしてもいいですし、1日目に選んだ3 – 4人の女性と、更に、交流し、絞り込んでもいいです。

 

どうするかは、皆様と常時ご一緒しているスタッフに、その都度ご相談されるのも一案かと思います。経験豊富なスタッフが、喜んでアドバイスさせていただきます。

 

お見合いの様子、アクティビティの様子などは、実際の様子を写した、「フィリピン女性とのお見合い、デート、結婚の実績写真」や、「実績ビデオ・動画」のページをご参照下さい。

 

 

◆1日目に将来の伴侶を決めた場合、2日目はその女性とデートをして婚約指輪を買ってもいいですし、日本帰国後の連絡用にスマホを買ってあげてもいいですね。(ラインLineや、バイバーViberを利用して、無料で、連絡が取り合えます)

 

彼女のご家族たちとどこかで待ち合わせして食事したり、もしくは彼女の家に、ピザや、パンシット(焼きそば)や、コーラやケーキなどをたくさん買っていって、訪問されてもいいです(そうすると、余った食べ物や飲み物は、後で家族・親戚が食べられるので、喜ばれます)。

 

すべて現地スタッフが付き添いますのでご安心下さい。後日、入管に対して花嫁の在留資格認定証明書を申請する際、真正なる結婚である事を立証する為の資料となりますので、要所要所でスタッフが写真を撮ります。

 

どんなところに遊びに行くかは、下記のページをご参照ください。

 

フィリピン女性と行くおすすめの現地デートの場所・食事・アクティビティ

 

国際結婚のお相手のフィリピン女性と楽しむ現地観光スポット

 

国際結婚のお相手のフィリピン女性と楽しむ現地ショッピングモールでの買い物

 

国際結婚のお相手のフィリピン女性と楽しむ現地アクティビティ

 

 

 

◆3日目はご帰国の日です。空港まで、現地スタッフが同行しお見送りいたします。通常の場合、皆様がお選びになられたフィリピン人女性(ご婚約者さま)も同行しお見送りします。

 

午後便でお帰りになるとしても、最低2時間前にはチェックインしなければなりませんので、早めに空港でチェックインして、その後、余った時間を空港でご婚約者さまと過ごされるのがいいでしょう。

 

 

2.二回目の渡航 – 書類提出

2泊3日~。平日を2日含める必要があります(在フィリピン日本国大使館が休館でない日)。どうしても会社の休みがとれないという方は1泊2日でも可能ですので、ご相談ください。

 

 

 

2回目の渡航では、マニラの日本国大使館にて、婚姻要件具備証明書の申請をします。

 

 

1回目の渡航時と同様、現地スタッフがずっと皆様に付きっ切りでアテンドいたしますので、ご心配は要りません。

 

 

1日目、マニラ国際空港に到着したその足で、日本国大使館に向かい、申請します。
 

 

 

婚姻要件具備証明書が発行されたら、女性の住む地域の市役所にて、結婚許可証の申請に行きます。婚前セミナーも受けます。(1~2日がかりで大変ですので、ご相談下さい)

 

 

 

市役所にて結婚許可証の申請が受け付けられますと、フィリピンでは男性の誰と女性の誰が結婚を申請していると一般に公示され(10日間。休日を含むか含まないかは、その市役所による)、その婚姻に異存がなければ晴れて結婚許可がでますが、10日間フィリピンにいる事は難しいので、結婚許可証を市役所に申請した時点で、皆様は日本に一旦帰国します。

 

 

 

3.三回目の渡航 – 結婚式

2泊3日~。どうしても会社の休みがとれないという方は1泊2日でも可能ですので、ご相談ください。

 

3回目の渡航で、結婚式を挙げます

 

フィリピンにおいて結婚の挙式は非常に重要です。

 

神父(カトリックなので神父。プロテスタントの場合は牧師ですが、フィリピン人は大半がカトリック)や裁判官などがつとめる「結婚遂行担当官」と、2人の証人の立会いの元で、結婚当事者双方が結婚宣誓し、結婚契約書を取り交わすという法的な意味があり、日本のように婚姻届だけで法的な婚姻関係にはなりません。この際、結婚指輪も必要となります。

 

◆結婚式・披露宴のための皆様(新郎)の準備(日本)
結婚式で使う指輪と、ハンコと、スーツとワイシャツとネクタイをご持参ください。新郎様によっては、スーツでなくて、タキシードを購入して着られる方もいらっしゃいますし、フィリピンの正装であるバロンタガログを購入して着られてもよろしいかと思います。お好みで、どうぞ。

 

バロンタガログについては
フィリピン女性とのお見合い・国際結婚に役立つ雑知識あれこれ」に写真と共に紹介してあります。

 

 

◆結婚式・披露宴のための準備(フィリピン)
・結婚式・披露宴への招待(女性の家族・親戚・友人)や、会場の手配などはすべてこちらで準備をしておきます。
・神父(または裁判官などの結婚遂行担当官)、結婚を見届ける立会人(証人)なども、すべてこちらで手配しておきます。

 

 

◆結婚式・披露宴は、両親、親族、友人の立会いのもとで行われます。新郎側は本人のみでもOKですし、ご親戚の方をお連れになって渡航されても結構です。

 

◆結婚式・披露宴の様子は、現地スタッフが写真に撮ります。後日、花嫁の在留資格認定証明書を取得する際、重要な添付資料になります。

 

結婚式の様子などは、実際の様子を写した、「フィリピン女性とのお見合い、デート、結婚の実績写真」や、「実績ビデオ・動画」のページをご参照下さい。

 

◆後日、日本で婚姻届に必要になる結婚証明書等は現地のスタッフが準備します。

 

 

4.日本での婚姻手続き開始&花嫁のパスポート申請

新郎は、日本の役所へ婚姻届を提出し、日本の入国管理局へは在留資格認定証明書の申請をします。この、入管への在留資格認定証明書の申請が、一番のヤマ場です。

 

 

入管に提出した在留資格認定証明書の申請は、いかに入管の作業がたまっているかにより大きく異なります。2ヶ月で出るという場合も、7~8ヶ月という場合もあります。もちろん、申請書類に不備があれば、追加の資料や説明を求められたりしますので、更に長引きます。

 

 

ちなみにウチのお客様での最短交付は、2週間でした。(^^)v

 

 

皆様には、オプションで、フィリピンの結婚案件に精通している行政書士をご紹介しています。(税込み10万円。出生証明書と結婚証明書の和訳料も含む)

 

前述の2週間での交付の場合、私共の紹介した行政書士を使いました。

 

行政書士につきましては、「申請取次行政書士について」のページをご参照下さい。

 

入管から在留資格認定証明書が発給されましたら、原本を花嫁に送っていただきます。新婦は在フィリピン日本大使館にビザの申請を行います。日本への入国ビザが発行されましたら、いよいよ来日となります。

 

 

 

 

 

 

 

5.花嫁の来日

新婦をフィリピンまで迎えに行って一緒に連れて帰ってきてもいいですし、新婦に、日本までの片道航空券で、一人で来日させてもいいでしょう。その時はもちろん、到着空港にて新婦のお出迎えをお願いいたします。

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

国際結婚のコースの申し込みをされなくても、あなた様が無料会員登録されますと、新着の女性の情報など、お得な情報をいち早くメールでお送りしますので、お好みの女性を見逃すことはありません!

 

しかも、会員登録をした日本人男性は、女性たちとのメール交換を無料で利用することもできます!(翻訳も無料サービスなので、皆様は日本語でやりとりするだけです)

 

今すぐ、会員登録を!

無料ご入会申込み(会員登録)フォームはこちらです

 

 

国際結婚フィリピン トップページへ