2018年7月10日 代表者ブログ – 奥さんのパスポート更新

先日、ウチの奥さん(フィリピン人 28才)のパスポートの更新の為、東京六本木にあるフィリピン大使館に行ってきた。

 

奥さんのパスポートの更新で行くときには、事前にインターネットで、情報を入力し、スケジュールを予約して行くことが肝要。これをせずに、いきなり行くと、ずいぶん待たされるが、やっていけば、待ち時間はかなり短くなる。

 

 

行く日時、曜日にもよるが、ウチの場合、45分くらいで手続きは済んだ。いきなり行くと、何時間も待つことになる。

 

 

建前としては、申請者以外、大使館内には入れず、外で待っていなければいけないのだが、警備員の方が親切で、館内のクーラーの効いているところで待っていていいと、入れてくれた。(ありがちな、効き過ぎで寒いくらいの冷房なのだが。大使館内のトイレも使えるし、ありがたいご好意)

 

 

そんなことで、暑さにうだることもなく、しかも待ち時間も短かったので、楽に済んだ。

 

 

留意点の追加だが、レターパック(プラス)やハガキも事前に用意して持って行くこと。

 

 

昔と違って、レターパックを持って行っていないからといって、建物の外に買いに行かされ、大使館前にいる物売りに高く買わされるということはないが、住所の記入もあるし、事前の用意の方が楽である。(大使館前の物売りも昔は大勢いたものだが、今はほとんどいない。近隣の住民の折々の警察への通報で撃退。基本、大使館前でたむろしたり、うろついていてはいけないので)

 

 

パスポートはフィリピンで作られるので、新パスポートが出来て日本で受け取れるまでには1か月ほどかかる。前述のハガキで、新パスポートが出来た旨のお知らせが来るので、折り返し、旧パスポートとレシートを送れば、1週間ほどで、新パスポートと、穴をあけてVoidされた旧パスポートが送られてくる。

 

 

新パスポートと旧パスポートは、冒頭の画像のように、外側のデザインも若干違うが、中のデザインも異なる(下の画像)。有効期限も10年。(以前は5年)

 

 

 

 

 

 

 

大使館での用事を済ませた後は、リラックスタイム。東京ミッドタウンに行って、食事をした。

 

 

 

「ザ・カウンター六本木」でハンバーガーを買って、外のコートヤードで食べた。(奥さんは若いし、ハンバーガーが大好きである)

 

いい雰囲気のところである。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、東京には15年ほど住んでいた。学生の頃、「防衛庁前」のバス停でバスを降りて、バイト先に向かった日々もある。

 

言わずもがなの蛇足だが、皆様ご存知の通り、東京ミッドタウンは、かつての防衛庁の跡地。(まだ、省ではなかった)