運営者情報 | 国際結婚フィリピン

仲良しカップル

運営者情報

名称国際結婚フィリピン
代表者

深沢 祐仁朗

詳細を読む

63才。

私は、長年、国際畑の仕事を自分でしてきております。この国際結婚紹介業も、開始以来、約10年になります。多くのカップル様の結婚をお手伝いしてきております。各カップル様ごとに、それぞれの物語があり、お客様と一緒に喜びや幸せを共にしてきました。

数多く手がけてきているということは、フィリピン内での手続きや日本の入管関連に関しましても、知識はいつも最新のものにアップデートされているということです。それは私共のノウハウとして蓄積されています。

加えて、申請取次行政書士の試験もパスしておりますので、入管法及び実務、国際結婚にかかわる在留資格申請や、ビザ取得に関しての最新の知識・経験・実績を、そなえております。

本会員となられた方々とは、ご結婚に向けての活動の道のりで、長いお付き合いになりますが、どうぞよろしくお願いいたします。

さらに、出産・育児・教育のことや、移住や永住ビザのことなどもご相談に乗っておりますので、本会員となられた方々とは、ずっと長い期間のお付き合いになります。親身になって迅速かつ的確な対応をしておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。(^^)

ウチの奥さん(フィリピン人)との事を少し話しますと、フィリピンと貿易の仕事をしていた関連で、知人の紹介で、マニラのアパレル関係の会社に勤めていた彼女(当時21才)と、54才の時に知り合い、1年半の交際を経て56才のときに結婚しました。

ですので、今、結婚7年目。ちなみに、日本人の前妻とは、現妻と知り合う前年に離婚していましたので不倫ではありません。(笑)。蛇足ながら、もう一つ言っておきますと、ウチの奥さんは水商売に関わったことは、一度もありません。

ウチの年令差は33才ですが、加藤茶さんのところは45才の年令差ということなので、まだまだ可愛いものです(笑)。

ラサール石井さんのところは32才差、仲本工事さんのところが27才差、堺正章さんのところが22才差だそうです。

↓ 代表者の写真です。

代表者略歴

山梨県甲府市生まれ

早稲田大学 商学部卒業

早稲田商学部卒業後、東京にて経営コンサルタント会社、ソフトウエア開発会社、調査会社などに勤めた後、米国の大学に留学。

帰国後、大手製鉄会社系列の投融資会社に入り、翌年より、ニューヨーク支社駐在(5年半)。国際不動産取引、国際法務に関わる。

米国永住権(グリーンカード)を取得し、その後、カリフォルニアに移り、自営で貿易の仕事を開始。

滞米12年の後、日本に帰国し、アフリカ(ケニア、ウガンダ、タンザニア、ザンビア)、ロシア、フィリピン、ソロモン諸島、中国、韓国などとの貿易取引を開始。(もちろん、それらの国には行って、自分個人で開拓し、ネットワークを築いています)。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

父を9才の時に亡くし、母1人子3人の母子家庭だった為、 高校と大学の時は、日本育英会から奨学金をもらう。

アルバイトを始めたのは中2の時、県庁舎の、職員退庁後の、平日夜の掃除から。

高校の時のアルバイトは、建設現場の人夫、大型家電配送助手など。

早稲田時代は、大隈通り商店街にあった、戦前からあるような木造アパートの3畳一間(家賃9,000円。もちろん風呂なし、トイレ共同)に住み、アルバイトに明け暮れる(やったアルバイトは20種類以上。売血で3,500円稼いだこともありました)。

米国の大学留学時も、夕方の授業の始まる前に、昼間は大学構内の清掃のアルバイトを。(大学院MBAの授業は、勤めを持っている人も参加できるよう、夕方からだった)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ソフトウエア開発会社では、当初プログラマー(フォートラン)、しばらくして営業に配属され、約500件の飛び込みセールスをした。

調査会社では、延べ2,000社を訪問(ほとんどが飛び込み)。当時は、調査はきちんとできて当たり前、それよりむしろ、どれほどの販売成績が挙げられるかが最重要視され、ノルマもあり、イケイケドンドンのセールス会社のようなものだった(笑)。

その会社の全社員2,500人のうち500人が調査員で、その調査員の中で、毎年、販売成績などを基にした番付が会社によってつけられており、入社2年目で86位、3年目が43位、4年目で8位の成績を挙げた。(5年目に退社)

この時に稼いだ「販売歩合給」で、当時の妻と共に米国へ自費留学をした。(当初、その会社初の社費留学という決定をされたが、半分しか補助が出ないという内容だったので、これを蹴って、自費留学の道を選んだ。すみません、大変、生意気でしたね...)

ニューヨーク駐在時(投融資会社勤務時)は、北米内のホテル、オフィスビル、ショッピングセンター、競馬場、カナダの血液検査場・老人ホームなど多くの不動産案件を担当し、ウィキペディアでワールドワイド9位にランキングしているWeil, Gotshal & Mangesや、Schulte Ross & Zabelの弁護士たちとのチームで、訴訟、回収、運営に関わった。

(全米中に案件が散らばっていたので、いろいろな州に出張で行く機会がありました。中でもフィラデルフィアや、カナダのトロントは出張でしょっちゅう行ってましたね。レアなところでは、バハマとか、カリブ海のアメリカ領ヴァージン諸島にあるセント・クロイ島とかも、仕事で行きましたが、いずれも仕事なので観光はしていません......)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

小中学校の頃は野球少年(中学では野球部の主将をしていました。センターで4番)、高校では空手部に所属、大学の時はアルバイトの合間に、高田馬場の青木ジムに通い、ボクシングに熱中。(体育の授業でもボクシングを取ったのですが、早稲田祭の時に試合に出れば単位をくれるというので、リングに上がって試合しました。1ラウンド目に相手からダウンを奪って勝ち、「優」の成績をもらいました)

勤め始めてからは、飛田給や江戸川河川敷での、日曜日の草ラグビーチームに参加(左のフランカーでした)。

本は、司馬遼太郎の著作を好んで読む。音楽は、ラップや、レゲトン(ラテンのヒップホップ)を好む。

大の犬好きで、ボクサー犬をのべ3頭飼って、息子・娘のように可愛がっていたが、亡くしたときの悲しみが大きすぎるので、今はもう飼わない。(´_`。)

高校時代はオートバイに夢中で、掃除のアルバイトで貯めた、なけなしの5万円で買った中古の250cc(ヤマハ DS6。2ストロークエンジンでした)で、当時付き合っていた彼女を後ろに乗せてあちこちツーリングを楽しんでいた。(ちなみに、群れるのも、騒音で世間に迷惑かけるのも好まないので、暴走族とは無縁でした。)

今の奥さんが、映画「ワイルド・スピード」(原題:The Fast and The Furious)が大好きなので、一緒にジェイソン・ステイサム、ドウェイン・ジョンソンの映画を好んで観る。マット・デイモンのジェイソン・ボーンシリーズや、トム・クルーズのMIシリーズも好き。

海外TVドラマでは、「エンパイア」、「サンズ・オブ・アナーキー」、「ナルコス」などが夫婦のお気に入り。

車両系建設機械(3t以上。整地。解体)、大型自動車(車両重量11t以上)、移動式クレーン(5t未満)、高所作業車(10m未満)、ガス溶接、玉掛、フォークリフト、危険物、警備2級などの免許を持っているが、それらに関しては実務で使ったことが一度もないペーパードライバー。 チェーンソー(大径木)、刈払機くらいは、家の庭でたまに使う。

申請取次行政書士の試験もパスしている。


所在地山梨県甲府市富竹1-6-2
電話

055-251-6183
番号非通知の電話には出ません。
また、ご質問などは会員の方にのみお答えしております。

FAX

055-251-6183

Eメールアドレスinfo@philippine.co.jp
website

https://philippine.co.jp

 

国際結婚のコースの申し込みをされなくても、あなた様が無料会員登録されますと、新着のフィリピン人女性の情報など、お得な情報をいち早くメールでお送りしますので、お好みの女性を見逃すことはありません!

しかも、会員登録をした日本人男性は、フィリピンの女性たちとのメール交換を無料で利用することもできます!(翻訳も無料サービスなので、皆様は日本語でやりとりするだけです)

今すぐ、会員登録を!

error: 当サイトのコンテンツは著作権法で保護されていますので、コピーはできません

© 2020 国際結婚フィリピン All rights reserved