【フィリピン人との離婚(レコグニションとアナルメント)】 | 国際結婚フィリピン

魅力的な女性

ご参考までに、フィリピンの離婚に関するお話をします。

1. フィリピンでは法律上「離婚」が存在しない

ご存知の通り、フィリピンでは法律上「離婚」が存在しません。フィリピン人妻は離婚自体がフィリピン法で認められていないので、フィリピンではそのままでは再婚はできません。

離婚をするためには、裁判所に申し立てをし、これを認める裁判所の判決が必要なのです。

2. 「レコグニション」と、「アナルメント」

i. 「レコグニション」

「レコグニション」とは、海外で適法に成立した離婚をフィリピン側で承認する離婚承認裁判です。

フィリピン人の元妻は、フィリピンで再婚したければ、この「レコグニション」手続きをとらなければなりません。

具体的には、フィリピン国外で成立した離婚は、フィリピン国内の地方裁判所(The Regional Trial Court/RTC-Phil)において民事訴訟を起こし、法的に承認させなければなりません。

ii. 「アナルメント」

「アナルメント」は、フィリピンにおける婚姻解消手続きで、「アナルメント」手続きをフィリピン裁判所に申し立て、最終的に「婚姻の解除」という判決を受けて Annulled されるか、「婚姻の無効」 = Null and Void の判決を受ける事となります。

これは、日本人男性が恋に落ちて添い遂げたいと思ったフィリピン女性が、既に現地で結婚していた場合にやる事です。

3. バチカン市国とフィリピンだけ離婚制度なし

世界で離婚制度がない国は、バチカン市国とフィリピンだけ。

カトリック教徒が8割以上を占めるフィリピンでは、教会や保守派などが宗教と結婚とを強く結びつける考え方から、離婚制度の導入に反対してきたのです。

しかし、カトリック教徒が94%を占め、離婚を非合法としていたマルタが2012年に離婚を合法化したことで、フィリピンでもリベラル派を中心に「マルタに続くべきだ」との声が高まり始めました。

フィリピンにおいて裁判所への離婚申し立てはマニラ首都圏だけで毎月、約800件にのぼり、その大半が女性で、92%がカトリック教徒だといいます。

しかし、離婚申し立てに始まる裁判手続きは長期にわたり、費用がかかるだけではなく精神的苦痛も伴いますので、裁判所に離婚申し立てをしないまま何年も別居生活をし、新しい「夫」や「妻」、子供がいる男女は数知れないようです。

国際結婚のコースの申し込みをされなくても、あなた様が無料会員登録されますと、新着のフィリピン人女性の情報など、お得な情報をいち早くメールでお送りしますので、お好みの女性を見逃すことはありません!

しかも、会員登録をした日本人男性は、フィリピンの女性たちとのメール交換を無料で利用することもできます!(翻訳も無料サービスなので、皆様は日本語でやりとりするだけです)

今すぐ、会員登録を!
無料会員登録ページはこちら
error: 当サイトのコンテンツは著作権法で保護されていますので、コピーはできません

© 2020 国際結婚フィリピン All rights reserved