フィリピンへの安くて早い安全な国際送金方法

フィリピン女性と婚約後、日本に呼び寄せるまでの生活費とか、日本語を習わせたり、ビザ取得に向けて書類を取ったり、CFOセミナーに行かせたりするお金とか、パスポートを取得する費用など、皆さまがフィリピン人の女性に対して送金しなくてはいけない機会は、まま出てくると思います。

 

日本では誰でも当たり前に銀行口座を持っているので、国際送金と言うと、まず、銀行送金を思い浮かべるかも知れませんが、フィリピンでは多くの人が銀行口座など持っていません。

 

フィリピンへ送金する場合、マネーグラム社のネットワークを利用したSBIレミットなどのサービスを利用する事が多いようです。

SBI

 

銀行から送金などするより、簡単で、手数料もそれほど高額ではなく、また送金後、フィリピン現地ですぐに受け取る事ができるからです。銀行送金の場合ですと、何千円も手数料を取られたりしますが、SBIレミットなどですと、480円~千何百円です(送金額によって異なる)。

 

 

フィリピン向けの場合

送金額 手数料
1 円 - 10,000 円 480 円
10,001 円 - 20,000 円 720 円
20,001 円 - 30,000 円 800 円
30,001 円 - 50,000 円 1,000 円
50,001 円 - 200,000 円 1,400 円
200,001 円 -  1,500 円

 

 

初回の会員登録にだけ、少し時間と手間がかかりますが、一度やってしまえば、後は楽です。
詳しくは、以下のページで
SBIレミット

 

 

仕組みのご説明をしますと、マネーグラムの組織が日本にはないので想像しづらいと思うのですが、海外には、とても多くのマネーグラムの出先というか場所(というか店だった り、一角であったりするのです)が、あるのです。
 
 MONEYGRAM
 
 
日本人は誰でも銀行口座を持っていますが海外では銀行口座を持っていない人が多いので、こういうシステムが発達しています。
 
 
このマネーグラムは大きなデパートの一角にあったりもします。そこでお金が受け取れるのです。
 
 
手順としては、まず皆さまが、事前にSBIに登録しておきます。そして、日本のSBIの口座に入金します。次にインターネットでSBIのサイトから、受取人と金額を指定して送金 します。
  
 
そうするとレファレンスナンバーが出ます。これを受取人に教えます。そうすると、10分後には現地のマネーグラムでお金が受け取れるのです。どこのマネーグラムでもいいので、最寄りのところに行けばいいのです。
 
 
受け取りの時に必要なのが、レファレンスナンバーと受取人本人であることを証明する身分証明書です。フィリピン人の婚約者の方でしたら、Postal IDとかですね。
 
 
ちなみに貨幣価値は、円高円安によっても変わりますが、大雑把に言って、マニラでしたら日本円は4~5倍くらい、田舎でしたら 8~10倍くらいと考えて下さい。
 
 
つまり、1万円が4~5万円くらいの価値ですから、3万円送れば、マニラでは、12~15万円くらいの支出ができる感覚ですね。
 
 
家族数にもよりますが、今まで収入がなかったところに定期的に入ってくるわけですから、3~5万円の間でありがたいのではないでしょうか。
 
 
 
 
仕送りの額については、「国際結婚後、フィリピン人奥さまの家族への仕送りは必要?」のページに詳しく記述してありますので、ご参照下さい。
 
 
 

 

 

 

 


 

 

国際結婚のコースの申し込みをされなくても、あなた様が無料会員登録されますと、新着のフィリピン人女性の情報など、お得な情報をいち早くメールでお送りしますので、お好みの女性を見逃すことはありません!

 

 

しかも、会員登録をした日本人男性は、フィリピンの女性たちとのメール交換を無料で利用することもできます!(翻訳も無料サービスなので、皆様は日本語でやりとりするだけです)

 

 

今すぐ、会員登録を!

 

 

無料ご入会申込み(会員登録)フォームはこちらです

 

 

 

 

国際結婚フィリピン トップページへ