国際結婚のお相手のフィリピン女性と楽しむ現地ショッピングモールでの買い物

 

大型ショッピングモール

 

SMノース エドサ SM City North EDSA

フィリピン第1位、世界第4位の大きさのショッピングセンター(総賃貸面積に基づく。ちなみに世界第2位の中国の華南モールは事実上機能停止状態と言われている)。

シー財閥。

フィリピンのモール SM ノースエドサ

 

 

モールオブエイジア SM Mall of Asia (MOA)

フィリピン第2位、世界第9位の大きさのショッピングセンター(総賃貸面積に基づく)。

シー財閥。

 

2006年5月パサイに誕生した、東京ドーム8個分が入る超巨大モールです。600以上の店舗や150以上のレストランが入る。中にはプロをも育成出来るようなアイススケートリンクや、様々な外資系レストラン、一流ブランドショップなどがあります。夕方から夜にかけては、マニラ湾に沈む夕日を眺めながら食事したり、週末には花火の打ち上げを鑑賞できるなど一日楽しめるスポットです。午前10 時~午後10 時(定休日なし、レストラン街の一部店舗は午前零時まで営業)。

フィリピンのモール モールオブエイジア

 

 

 

 

SMメガモール

フィリピン第3位、世界第13位の大きさのショッピングセンター(総賃貸面積に基づく)。

シー財閥。

 

一日平均80万人、年に2億9200万人が来客している。最大収容人数は400万人。SMプライムは最大の経常利益を挙げるメガモールにすることを計画、現在SMメガモールの改築増床工事を進めており、完成するとSMシティ・ノースEDSAを抜いてフィリピン国内最大のショッピングモールになる予定。

 

メトロ・マニラ近郊からも、多くの人が車を利用してまとめ買いをしに来るほど大きなモール。

 

オルティガス地区は、マカティからエドゥサ通りを北上して、マカティとケゾン・シティーのちょうど真ん中にあります。ここはメトロ・マニラの副都心として発展し、コールセンターなどの企業が集まるエリアでもあります。

 

 

 

グリーンベルト Greenbelt Mall

フィリピン第5位、世界第23位の大きさのショッピングセンター(総賃貸面積に基づく)。

 

アヤラ財閥。

 

中央にグリーンベルト公園を配したモールで、一休みできるおしゃれなカフェや、雰囲気のよいレストラン、バー、シネマコンプレックスやブックセンターがあります。、公園脇では生バンドのオープンエアーのレストランもあり、とても開放的で、ショッピングに興味のない方にも楽しめる場所です。もう一つの巨大SCグロリエッタとはランドマークを経由し、歩道橋でつながっており、車道を渡ることなく気楽に行き来きます。

 

高層ビルが立ち並ぶマカティの中心部、アヤラ通りとマカティ通りの交差点付近にある「アヤラセンター」は、グリーンベルト、グロリエッタなどの巨大ショッピングモールや、シャングリラなど高級ホテルが集まるツーリストゾーン。ミュージアムもあり、何でも揃っている上に歩いて回れる、観光客にとても便利な地域。おそらくこのアヤラセンター付近はマニラ市内の中で最も洗練されていて、安全で、清潔な地域でしょう。

 

グリーンベルトは4つのモールからなる。中央には熱帯植物や人工池が美しくレイアウトされた公園があり、その周囲には、ブランドショップや高級レストランが軒を連ねている。高級品のショッピングモールとして知られる所であるが、日が沈みはじめる頃になると、公園広場が主役となる。公園そばにあるオープンエアのレストランやバーに多くの観光客や地元のサラリーマンが集まりはじめ、生バンドの音楽を聴きながら食事や飲み物を楽しむ。

 

 

Green belt 1 (グリーンベルト1)

グリーンベルトの中で一番庶民的。リーズナブルなレストラン、ファーストフード店、日常雑貨、本屋が並び地元っ子に人気。2階には映画館もある。

 

Green belt 2 (グリーンベルト2)

飲食店専門館。世界各国の料理を味わうことができます。人気のレストランやカフェ、バーの並ぶレストランエリア。昼間はオープンエリアでゆったりランチ、夜ともなるとオシャレなフィリピン人、外国人で大賑わい。

 

Green belt 3 (グリーンベルト3)

グリーンベルトの中心的存在。中央の憩いの広場が特徴で、夜には噴水が3色に変化して美しい。アパレルからエンターテイメント、レストランまであらゆるショップが満遍なく揃うメイン館。

 

Green belt 4 (グリーンベルト4)

洗練された世界の一流ブランドショップが集まるエリア。

 

 

 

ランドマーク Landmark

基本的にフィリピンテイストの衣類、コスメなどを扱うブランド店が中心の庶民派デパート。地下にはフードコート、食品、日用雑貨が安く買える大きなスーパーマーケットも入っている。

 

 

ロビンソン・コマーシャル・コンプレックス Robinson’s Commercial Complex

ゴコンウェイ財閥。
エルミタのペドロ・ヒル通りPedro Gill St.沿いにある巨大ショッピングセンター。大学が近いせいか若者が多く、店も彼ら向けの衣料品店や本屋、携帯電話専門店、飲料店などが集まっている。

 

 

フィリピンの日系コンビニ、日系100円ショップについては、「国際結婚のお相手のフィリピン女性と行く現地日系の外食・コンビニ・小売」をご参照下さい。

 

フィリピンのローカルマーケットでの買い物は、「国際結婚のお相手のフィリピン女性と楽しむローカルマーケットでの買い物」をご参照下さい。

 

 

薬は、マーキュリー・ドラッグストアが、全国にチェーン展開している。(マリアノ・ケ)

フィリピンのドラッグストア マーキュリー

 

 

 

本と文具

ナショナル・ブックストア(アルフレッド・ラモス)

フィリピンの大手書店 ナショナルブックストア

 

 

電化製品

アンソン

フィリピンの家電量販店 アンソンズ
 

 

 

 


 

 

国際結婚のコースの申し込みをされなくても、あなた様が無料会員登録されますと、新着のフィリピン人女性の情報など、お得な情報をいち早くメールでお送りしますので、お好みの女性を見逃すことはありません!

 

しかも、会員登録をした日本人男性は、フィリピンの女性たちとのメール交換を無料で利用することもできます!(翻訳も無料サービスなので、皆様は日本語でやりとりするだけです)

 

今すぐ、会員登録を!

無料ご入会申込み(会員登録)フォームはこちらです

 

 

国際結婚フィリピン トップページへ