フィリピン女性との現地お見合い体験談

愛知県のS.H様(54才)がお寄せくださったお見合い体験談です。 (^^)v

 

 

「(アジアの女性の方と結婚するのは日本の女性に相手にされない男性と言うイメージがあるかもしれませんが)僕は、日本の女性と結婚しようと思えばできる経済的余裕やステータスはある地位だと思います。

 

ただ離婚歴やクリスチャンと言うと、日本の女性は最初から何か色眼鏡で見られてしまう場合もありますし、教会に来られるフィリピンの女性の芯の強さと優しさに惹かれたところで、このサイトに出会いました。

 

(当サイト運営者の)深沢様のお人柄から、この方なら大丈夫と思いました。もちろん、他のサイトとも比較しましたが、自然体でしたし、こちらかの疑問も丁寧に答えてくださいました。

 

(現地女性との無料メール交換サービスを通じて)メッセージをやり取りさせて頂いているうちに、何となく、向こうの女性の僕への愛情がわかる気がしました。

 

僕の選んだ女性は、まめに僕のメッセージに返事をくださって、真剣さが伝わってきました。

 

現地に着く前から、(当サイト運営者の)深沢様とのやり取りで心配はなかったのですが、ちゃんと意中の女性は現れました(笑)。サクラは、いないなぁと実感しました。

 

彼女を選んだのは、5人来るはずの女性が、現地で、事情により3人になりましたが、その3人は、まめに連絡をしてくださった方でした。

 

選ぶ、選ばれるとなると真剣と緊張が交錯しますが、彼女を選んだのは、僕を気に入ってくれたこと、そしてメールにあった通りのことを話してくださったこと、ご自分の家族を大切に思われていること。(これは全員そうでした)

 

そしてとてもキュートでした。後、彼女の職業が普通だったことです。他のお二人も、とても良い方で、選ぶことが悪いことをしているように思ってしまうほどでした。(僕が選ばれるかは別ですが 汗)

 

また、スタッフさんもとても良い方ばかりで、滞在に全く心配はありませんでした。とても、気持ちの良い滞在でした。」

 

 

以下は、お見合い以降の、2回目の訪比(書類提出)、及び、2回目の訪比(結婚式)の、体験談です。

 

 

「先回、私はお見合いのための渡航を致しました。その後、未来の妻とは、SkypeやMessengerで連絡をほぼ毎日とりあっていました。

 

今回は、2回目の渡航です。

1日目は、婚姻要件具備証明書の申請が目的なので、かなりナーバスになってました。マニラ空港着後、先回と同じように頼りになるスタッフさんと未来の妻が出迎えに来てくれました。

 

そこから、直接、在フィリピン日本国大使館に向かい、婚姻要件具備証明書を申請をしました。日本大使館というところには、他の国への渡航も含めて初めて出向くので、外務省の方の対応など厳しいのか、どうなのか、まぁ不安です。

 

大使館のゲートのセキュリティは厳重な上に厳重、緊張しましたが、大使館の敷地に入ると、ここは日本なんだなぁと、何となく変な感慨が・・・、入館しての手続きはとてもジェントルな職員さんに、拍子抜けするぐらいあっさりと申請終了でした。

 

これで、1日目の重要目的は終了です。この後は、ホテルにチェックイン、海側の部屋で素敵な眺めです。(注:お客様は自費でホテルをアップグレードされ、変更されました)

 

モールに行って結婚指輪、彼女の靴、結婚に必要な小物などを購入後、スタッフさんと夕食をとって、彼女と部屋に戻り、会話後、就寝です。

 

2日目は、婚姻要件具備証明書を受領が午後になりますので、午前中は、ホテルの部屋で、彼女と会話、お互いの考えや国の違いを確認しあったりしました。

 

その後、スタッフさんに、お出迎えして頂き、昼食をとりがてら、大使館に出向き婚姻要件具備証明書を問題なく受領しました。

 

ショッピングモールでフィリピンで結婚を申請するための書類の作成をスタッフさんにアドバイス頂きながら作成、これが結構時間がかかりますが、簡単です。

 

後は、ショッピングモールで、彼女のウエディングドレスや招待状などの購入に時間をあてました。女性にとっては、ウエディングドレスは結婚式に大変大切なものですから、彼女が満足できるものを探したい一心でした。

 

購入が終わるのが遅くなったので、ショッピングモール内のディンタイフォンで食事しました。日本と同じ味で安心して食べていましたが、彼女はお箸が使えないので、悪いことしたなぁと反省ですね。

 

3日目です、この日は、午前中に遠方からおみえになる彼女のご家族をスタッフさんとともにお迎えしてから、ご家族の宿泊されるホテルにチェックイン後に、昼食をとりつつ、オーシャンパークに行きました。この道中の間、常にボディーガードとして、ドライバーさんが気を利かしてくださって、本当に安心できました。

 

ご家族はとてもフレンドリーな方たちばかりです。オーシャンパークで十分楽しんでいただいた後、ご家族の宿泊されるホテルで、歓談させていただく機会を持ちましたので歓談後、自分たちのホテルに戻り就寝しました。

 

あっという間に、4日目です、婚約したんだなぁという嬉しい思いと、彼女とのしばしの別れの辛さが、並行しますが帰国、全工程は、頼りになるスタッフさんばかりで、本当に安心です、時間にもとても正確で感謝の気持ちが絶えません。

 

帰国後は、感慨にふけりながら、次の結婚式へと思いは移ります。今回思ったのは、婚約に関わる手続きは、大使館と言うというと私のような小心者は腰が引けましたが、ある意味、日本のお役所で書類を発行して頂く感覚で良いと思います。

 

 

さて、その後は、またSkypeやMessengerで彼女と連絡をとりながら、3回目の渡航です。

 

今回は、楽しみな結婚式です。私は、バツなので、同居している娘と渡航です。前回、前々回と変わらず、頼りになるスタッフさんのお出迎えで始まります。

 

1日目は、娘と婚約者の希望で、ホテルにチェックイン後、ベニスグランドキャナルモールへ向かいます。ここはベニスのような作りのショッピングモールで、建物は東京ディズニーシーのような感じで、周りも国際的な感じがしました。

 

夕食をスタッフさんと一緒に、娘の希望で、フィリピン料理をラ・フェスタでとりました。伝統的なフィリピン料理から、ストリートフードまであって、娘も僕も、トライしてみました。

 

となりで、フィリピーノのご家族が誕生日パーティーを開かれていましたが、とにかく陽気でみているだけで楽しかったです。

 

その後は、いつも泊まっているホテルで、娘と私たちは宿泊です。今回、私たちの部屋は、彼女のご家族が結婚式の日に訪れるので、コーナースイートにしました。(注:お客様は自費でホテルをアップグレードされ、変更されました)

 

とても広い部屋ですが、快適ですね。エグゼクティブラウンジにも自由に入れるので、朝食もそこでとったり、チェックアウトもそこでできました。

 

就寝前に、彼女のご家族、ご親類がお泊りのホテルに招いていただき、娘ともども、歓待を受けて、前回、ご家族とお会いした時もそうでしたが、フィリピン伝統の挨拶を娘とさせて頂いてから、ご挨拶も兼ねて歓談です。

 

長旅の後、お疲れのところでしょうが、本当に皆さんフレンドリーで礼儀正しい方ばかりで安心しました。娘も緊張しながら話に参加してました。

 

2日目は、メインイベントの結婚式です。朝から、彼女はドレスアップ、メイクアップです。僕と娘は出発まで朝食をとったり割とのんびりさせて頂きました。

 

着飾った花嫁は、とても美しくて言葉になりません。ご家族、ご親類とともに式場へ、慣れないことに戸惑いながら終始楽しい雰囲気で流れていきます。

 

式場は、こちらのサイトの結婚するコースに予め用意して頂いたところですが、ローマ法皇も訪れた中国料理店で、料理は美味しく、余程の大人数でなければお薦めです。

 

結婚の誓いの時は緊張しました。また、ご家族の挨拶の際、お母様とご姉妹が泣かれているのを見て、僕は、彼女を幸せにしなければならないと心に誓いました。

 

式が終わった後は、私と妻と娘は、ホテルに戻り仮眠後、スタッフさんと一緒に、マカティ市にあるレストランに行きました。マカティ市は日本のようで、ここに住みたいなぁなどと思ってしまいました。

 

ブラックバードと言うレストランで、こちらのサイトの運営者である方に紹介して頂いたお店ですが、味や雰囲気も申し分なく、席も良い場所で、妻にも娘にも気に入ってもらえたと思います。

 

ホテルに戻り、日本で婚姻するという山場はあるわけですが、まずは、二人で、妻と改めて結婚した幸せをともに話し合いました。

 

3日目は、娘は帰国します。面白いスタッフさんにお迎えに来て頂けたそうで、空港まで安全面含めて問題なく到着後、チェックインして、無事帰国しました。

 

私と妻は、早朝より、ヴィラ・エスクデロ・プランテーション&リゾートに向かいます。ここで一番は、滝が流れ落ちる清流でいただくランチで、滝壺に設けられたテーブルで、足元を水に浸しながらフィリピンの伝統料理が楽しめます。

 

妻も大喜びでした。夕方、ホテルに戻って、スタッフさんと、ホテル内のレストランでディナーを頂き、その後は楽しい疲れで就寝です。充実した一日でした。

 

この時も、常にボディーガードとして、ドライバーさんが気を利かしてくださって、本当に安心できました。彼は、必ず私の後ろから付いてきてくださって、トイレも外で必ず待つという徹徹底ぶりです、このサービスのマネージャさんの従業員教育にも感心しました。

 

4日目は、帰国日です。結婚したのに一緒に帰れないとは、実際寂しいですが、そう思う中、結婚するまでは、フィリピンに毎月来るからねと妻と約束して、空港内へ。言うまでもありませんが、今回も全行程、頼りになるスタッフさんがずっと一緒でした。

 

 

さて、これから、妻を入国させる山場が待つわけですが、頑張ります!!」

 

 

S.H様、素晴らしい文章の体験談をお寄せくださりまして、本当にありがとうございました。m(_ _)m  m(_ _)m  m(_ _)m

 


 

 

コース申し込みをされなくても、あなた様が無料会員登録されますと、新着の女性の情報など、お得な情報をいち早くメールでお送りしますので、お好みの女性を見逃すことはありません!

 

しかも、会員登録をした日本人男性は、フィリピンの女性たちとのメール交換を無料で利用することもできます!(翻訳も無料サービスなので、皆様は日本語でやりとりするだけです)

 

今すぐ、会員登録を!

無料ご入会申込み(会員登録)フォームはこちらです

 

 

 

 

国際結婚フィリピン トップページへ