悪質業者のチェックの仕方

悪質業者の、一番の見分け方は、代表者の顔写真がない、代表者の略歴紹介もない、関係者が仮名(=偽名)を使っている、などでしょう。

 

では、何故、そういう業者は、代表者が顔写真を出せないし、関係者も仮名(=偽名)を使うのでしょうか?

 

 

やましいところがあるわけでしょう。

 

 

 

ところで、余談ですが、先日、インターネット上で、ある業者に申し込んだという人のブログを見つけました(下記リンク)。インターネット上のことですから、そこに書いてあることがすべて真実かどうかはわかりません。すべて真実かも知れませんし、一部のみかも知れません。ですので、皆様の判断の指針に、などと言うつもりは毛頭ありませんし、私の主観を述べることも一切いたしません。ただ、インターネット上にあったその記事をたまたま見つけたので、こういうのもありましたよ、とご紹介するだけです。あとは、みなさんのご判断で。
(2月以降、もう5か月も更新されてないのは、話が進んでないのですかね?この方のご多幸をお祈りいたします)
(この業者さんも、この方がそのブログを書いているのはご存知のようなので、近日中に削除されるかも知れませんが、スクリーンショットはすべて撮ってあります。)

 

 

 

紹介された女性に子供がいた?
https://katamahi-konkatu.muragon.com/entry/11.html

 

 

まだ結婚もしてないのに、すぐに仕送りの金額の話?(あれっ、仕送りをしないというのが、そこの宣言だったのでは?)
https://katamahi-konkatu.muragon.com/entry/20.html

 

 

またまた毎月の小遣いの話?
https://katamahi-konkatu.muragon.com/entry/16.html

 

 

性行為を拒否?(あれっ、結婚前に性行為をするというのが、そこの宣言だったのでは?)
https://katamahi-konkatu.muragon.com/entry/20.html

 

 

月々5万円の仕送りを頼まれる?
https://katamahi-konkatu.muragon.com/entry/21.html

 

 

 

 

ところで、業者に申し込んだ際に、「法定概要書面」や「法定契約書面」はもらっていましたか?もし、そういう業者が「法定契約書面」を交付してないとしたら、クーリングオフの時計はいつまで経ってもスタートしませんので、たとえ、もう結婚して、奥さんが日本に来てからでさえも、全額返金受ける事が出来ます。実に簡単です。

 

 

独立行政法人 国民生活センターホームページ

 

 

法定契約書面をもらっていたとしても、必ず記載しなければいけない事項が抜けていたりしたら、それは返金請求ができます。

 

 

では、引っかかってしまって、奥さんがいなくなってしまった場合はどうするか?入管に対して通報してください。婚姻の実態を失っているので、奥さんのビザは無効です。(在留資格の取り消し)

 

 

 

参考(出典:注解・判例 出入国管理実務六法より):
”「日本人の配偶者等」の在留資格は、本邦において、日本人との婚姻関係又は血縁関係に基づく活動を行うための在留を認めるものである。

 

 

例えば、法律上の婚姻関係は継続していても、同居し、互いに協力し、扶助しあって社会通念上の夫婦共同生活を営むという婚姻の実体を失っている場合には、本邦において日本人の配偶者としての活動を行うものとはいえず、在留資格該当性は認められない。”

 

 

 

入国管理局ホームページ

 

 

 

上記のような業者は、日本国内のパブにフィリピン女性を売り渡す人身取引をしているとも言えますから、入国管理局の人身取引に関する情報提供・相談窓口にも連絡すべきです。その業者の名前を具体的に入管に告げるのをお忘れなく。

 

 

 

 

 

 

さらに、そういう業者に対しては、(だまされた訳ですから)訴訟を起こすことをお勧めします。正義感の強い有能な弁護士を紹介することもできますし、もし60万円以下の金銭の支払を求める訴えであれば、少額訴訟を起こすこともできます。

 

 

 

裁判所ホームページ

 

 

 

 

 

 

 

ところで、現地での活動を売りにして、現地で女性のスクリーニングをしているから安心ですなどとキャッチフレーズでうたっている業者の場合、お客さまはお金を失うだけでなく、フィリピン国外追放になり、2度とフィリピンに入れなくなる可能性があります。

 

 

そのような業者は、フィリピン共和国法に明確に違反するからです。現地での活動を売りにして、現地で女性のスクリーニングをしているから安心ですなどとキャッチフレーズでうたっているのは、フィリピン法をなめすぎです。多分、条文を特定して見たこともないのでしょう。一昨年、より厳しく改定されたのも知らないのでしょう。

 

 

条文を特定して見たとしても、読み込むには通常の英語力だけでなく、法律英語に通じている必要もありますし、読みこなせないのでしょう(例えばLapse into Lawなんて表現は、普通の辞書を調べただけでは本当の意味はわからず、逆の解釈をしてしまったりする)。

 

 

そのような業者の事は、すでにNBI(フィリピン版FBI。National Bureau of Investigation)には、通報してあります。

 

 

そういう業者はフィリピンから自社ウェブサイトにアクセスできない設定にしてありますが、これも、なめすぎ。一般の人だって、ある方法を使えば、フィリピンからだって簡単にアクセスできます。中国でフェイスブックができないにも拘わらず、ちょっとしたやり方さえ知っていれば、中国国内在住の中国人でもフェイスブックができたのと同じです。いわんや、NBIのサイバー隊であれば、子供の手をひねるよりやさしい。

 

具体的なやり方は、こちら

 

 

業者が捕まるのは業者の責任ですから、構いませんが、お客様は、その業者に支払ったお金を失うだけでなく、罰金も払わされ、さらに国外追放になり、2度とフィリピンに入れなくなります。そういったことにならないよう、業者選びは、よくよく、お気をつけ下さい。

 

 

よくフィリピンでは、汚職警官がいるので、難癖をつけてという話がありますが、現地での活動を売りにして、現地で女性のスクリーニングをしているから安心ですなどというこういった業者の場合、難癖どころじゃない、真っ向から法に違反していますので、普通に危ないです。

フィリピン女性を結婚相手に選ぶメリット10

美人でグラマーなフィリピン女性

さて、そもそもフィリピン人女性を結婚相手に選ぶメリットはどんなところにあるのでしょうか?

 

中国人女性やベトナム人女性、ロシア人女性、ウクライナ女性など、いろいろな結婚紹介サイトがありますが、どんな点が「結婚相手としては、やはりフィリピン女性が最高」なのでしょうか。

 

1. 愛情深い

日常、愛情深さを感じることができます。夜の生活でも、それは発揮され、期待以上と思います。日本人妻とでは経験できなかった夜の喜びが毎日味わえるでしょう。

 

セクシーなフィリピン女性

セクシーなフィリピン人女性

 

 

 

2. スタイルがいい

バストもヒップも大きく、日本人や中国人、ベトナム人のようなペッタンコというのはあまり見かけません。

美人でセクシーなフィリピン人女性

美人でスタイルのいいフィリピン人女性

愛情深いフィリピン女性

 

安産型で、夜の生活も、期待以上と思います。ちなみに女性の大切な部分のお手入れも、特別にラクタシードという洗浄剤で洗い、常に清潔に保ちます。

 

ラクタシード

ラクタシードの写真-フィリピン女性がよく使う洗浄剤 | 国際結婚フィリピン

 

ラクタシードは、フィリピン女性の99%が使用していると言われている女性器専用洗浄剤の商品名で、詳しくは、「フィリピン女性とのお見合い・国際結婚に役立つ雑知識あれこれ」のページをご参照下さい。

 

これは、フィリピン女性やフランス女性にとっては、当たり前のお手入れで、逆に彼女たちは日本人女性は何故やらないのか不思議に思っているようです。

 

最近では日本でも売り出されましたので、そのうち日本女性の間でも当たり前のお手入れになるかも知れません。

 

 

 

3. 美人が多い

言うまでもなく、周知のところですね。よく知られている事ですが、フィリピンの女性は目鼻立ちがくっきりとした、美人が多いです。国際結婚したフィリピン女性たちとの間にできる子供は、女の子ならかなり可愛い子供が生まれる可能性が非常に大きいのも魅力です(二重まぶたで目が大きい)。

 

美人でグラマーなフィリピン女性

 

 

 

4. 年令差を気にしない

フィリピンの人は大家族主義。フィリピンの女性は、結婚の相手の年齢を気にしないんですね。 ですから、20〜30代の若くて健康で魅力的な女性たちが、40〜70代の日本人男性と国際結婚してくれるのです(日本人では結婚は考えてくれないでしょうね)。

 

これはフィリピンでは宗教上の教えから、年長者は尊ぶもの又は賢者として認識しているからです。あなたの介護も、あなたのご両親の介護も、いといません。

スタイルのいい美人フィリピン女性

 

 

5. 性格が明るい

ヨーロッパや中国など大陸の寒い国の人たちは、やはりどこか暗いところがありますが、フィリピン女性は底抜けの明るさがありますので、例えば日本人だんな様がリストラなどで窮地に陥った時でも、持ち前の明るさで支えてくれることでしょう。フィリピン女性は働き者ですから、外に働きに行く事をいといません。

性格が明るく愛情深いフィリピン女性

 

 

 

 

6. 英語ができる

これは、お子さんのためには、とても有用でしょう。あなた様のお子さんは、毎日、小さい時から、ご家庭でプライベートレッスンをタダで受けられるわけですから、お子さんの将来にとっては計り知れないメリットがありますね。

 

子供に英語を教えるフィリピン女性

 

しかも、お子さんを2人、3人とおつくりになるのであれば、その人数分の英語レッスン費用(塾費用)を考えたら、相当な金額がセーブできることになります。

 

 

 

7. 言語習得能力が高い

言語習得能力がかなり高い国民性で、日本語での会話はまず数ヶ月で片言の話ができるようになり、結婚後1年もたつと 日常の会話に困ることがない程度になります。

 

フィリピンの女性たちは性格もフレンドリーで、国際結婚後、日本に住んでからも、近所の日本人の奥さんたちと、すぐ仲良くなっていけます。

 

 

 

 

8. ブローカーに借金を背負わされているような事がない

中国人女性などは、結婚相手紹介料として、ブローカーから多額の借金を背負っている場合が多々あると聞きます。フィリピン女性に関しては、そういった話は聞きません。

 

フィリピンは海外へ出稼ぎに行くのが普通のお国柄で、何も日本でなくとも、中東でもどこでも働きに行ける国はいくらもあるので、ブローカーに借金を背負ってまで海外に行かせてもらう必要がないわけです。

 

中国人女性(例えば)が、ブローカーに対して、結婚相手紹介料として多額のお金を払ってまで日本に来たいというのは、日本で働いてそれ以上のお金を稼ごうと思うからであって、日本人男性と結婚したいというのが目的ではないのです。

 

ですから、そういった中国人女性は日本に来て、姿を消すようです。行くあては決まっていると言うか、もう既に働く場所も日本に来る前に手配済みの、出来レースなのですね。フィリピン女性でそういった話は聞きません。

 

 

9. エイズ問題が深刻でない

東南アジアのある国などはエイズにかかっている女性が一般女性でも多いと聞きます。フィリピンの一般女性に関しては寡聞にして聞きません。

 

もちろん、フィリピン女性でも、いわゆる夜の身売りのお仕事に携わっている女性は別でしょうが、私共でご紹介しているフィリピン女性たちは、一般の普通のご家庭のお嬢さんたちなので、異なります。

 

 

 

10. 変に高いプライドなどがない

ヨーロッパの白人女性などは、やはりアジア人男性を見下ろすところがあるようです。

 

日本人女性は結婚相手に高収入、高学歴、高身長を望むと聞きますが、フィリピン女性は日本人夫にそういった事は望みません。

 

もちろん収入は大いに越したことはないでしょうが、まずはそれありきではないのです。お互いを大事にして愛情深い毎日を送ることが大切なのです。

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

国際結婚のコースの申し込みをされなくても、あなた様が無料会員登録されますと、新着のフィリピン人女性の情報など、お得な情報をいち早くメールでお送りしますので、お好みの女性を見逃すことはありません!

 

しかも、会員登録をした日本人男性は、フィリピンの女性たちとのメール交換を無料で利用することもできます!(翻訳も無料サービスなので、皆様は日本語でやりとりするだけです)

 

今すぐ、会員登録を!

無料ご入会申込み(会員登録)フォームはこちらです

 

 

国際結婚フィリピン トップページへ

 

 

 

 

 

 

フィリピンへのフライト情報全リスト

JAL-ANA

フィリピン女性との国際結婚希望の方のために、成田、羽田、関空(大阪)、中部(名古屋)、福岡と、マニラ間へのフライト情報を記します。

 

JAL-ANA

 

成田 (東京)- マニラ

成田発マニラ着
  航空会社 成田発 マニラ着
毎日 フィリピン航空 PR431 9:30 13:10
毎日 日本航空 JL741 9:30 13:10
毎日 セブパシフィック 5J 5055 11:45 15:45
毎日 フィリピン航空 PR427 13:30 17:00
毎日 全日空 NH819 17:20 20:55
毎日 デルタ航空 DL275 18:00 21:55
毎日 日本航空 JL745 19:20 23:00
       
マニラ発成田着
  航空会社 マニラ発 成田着
毎日 セブパシフィック 5J 5054 05:25 10:35
毎日 フィリピン航空 PR428 06:45 12:10
毎日  全日空 NH820 09:30 15:00
毎日  デルタ航空 DL276 09:35 14:40
毎日  日本航空 JL746 10:05 15:35
毎日  日本航空 JL742 14:25 19:55
毎日  フィリピン航空 PR432 14:45 20:10

 

 

 

羽田(東京) – マニラ

  羽田発マニラ着    
  航空会社 羽田発 マニラ着
月火金土日 フィリピン航空 PR423 01:30 04:50
毎日 全日空 NH869 09:55 13:30
毎日  フィリピン航空 PR421 15:20 18:40
       
マニラ発羽田着
  航空会社 マニラ発 羽田着
毎日  フィリピン航空 PR422 08:55 13:55
毎日  全日空 NH870 14:35 19:55
月木金土日 フィリピン航空 PR424 18:50 23:50

 

 

 

関空(大阪) – マニラ

関空発マニラ着
  航空会社 関空発 マニラ着
毎日 フィリピン航空 PR407 09:55 13:00
月金土日 ジェットスターアジア 3K764 12:55 16:00
火木土 フィリピン航空 PR405 15:00 18:05
火水木土日 セブパシフィック 5J827 20:40 23:50
       
マニラ発関空着
  航空会社 マニラ発 関空着
月金土日 ジェットスターアジア 3K763 06:55 11:50
火木日 フィリピン航空 PR406 09:00 14:00
毎日 フィリピン航空 PR408 14:05 19:05
火水木土日 セブパシフィック 5J828 15:20 19:55

 

 

 

中部国際空港/セントレア空港(名古屋) – マニラ

名古屋発マニラ着
  航空会社 名古屋発 マニラ着
毎日 フィリピン航空PR437 09:35 12:45
火木土日 セブパシフィック 5J 5039 21:10 翌日00:10
       
マニラ発名古屋着
  航空会社 マニラ発 名古屋着
毎日 フィリピン航空PR438 13:50 18:55
火木土日 セブパシフィック 5J 5038 15:20 20:25

 

 

 

福岡 – マニラ

福岡発マニラ着
  航空会社 福岡発 マニラ着
毎日 フィリピン航空 PR425 15:25 18:00
       
マニラ発福岡着
  航空会社 マニラ発 福岡着
毎日 フィリピン航空 PR426 09:45 14:25

国際結婚のお相手のフィリピン女性と行く現地日系の外食・コンビニ・小売

フィリピンの日系の店の写真-吉野家 | 国際結婚フィリピン

フィリピンに進出している日本の外食

投資に関しては、フィリピンには外資規制があり、飲食に関してはかなりタイトな規制なので、現地の大手日本食レストランはフィリピン企業がフランチャイジーとして運営しています。

 

外資規制に関しては、「フィリピン人女性とのお見合い・国際結婚に役立つ雑知識あれこれ」の最下段をご参照下さい。

 

 

吉野家

地場加工食品大手センチュリー・パシフィック・グループ(CPG)が、牛丼チェーン「吉野家」のフランチャイズ権を持つ。

 

フィリピン女性とのお見合いで、2泊3日とはいえ海外で過ごす事になりますと、牛丼の味が恋しくなるかも知れません。ただ、日本で食べる牛丼の方がおいしいです。

フィリピンに進出している吉野家

 

和民

T.G.I. Friday’sやItalianni’s などのレストランをフィリピンにて展開するBistro Groupが、フィリピンで「和民」の開発権を有する。

 

モールオブエイジアMOAにあるので、目にした人も多いでしょう。メニューは食事が中心の海外版「和民」メニュー。

フィリピンに進出している日本の外食 和民

 

牛角

現地運営企業はレインズインターナショナル(シンガポール)との間でフィリピンでのエリアFC(フランチャイズ・チェーン)契約を締結したグローバル・レストラン・コンセプト社。

フィリピンに進出している日本の外食 牛角

 

らーめん山頭火

モールオブエイジアMOAや、大型ショッピングセンター「グロリエッタ4」にある。

フィリピンに進出している日本の外食 らーめん山頭火

 

とんかつ新宿さぼてん

フィリピンに進出している日本の外食 とんかつ新宿さぼてん

 

味千ラーメン

フィリピンに進出している日本の外食 味千ラーメン

 

 

 

コンビニ

フィリピンのコンビニ業界は、トップのセブンイレブンをマーキュリー・セルフサービスやミニストップが追うという構図になっている。日系だけで言えば、セブンイレブン、ミニストップが2大コンビニで、ファミリーマートが3位、ローソンは参入開始したばかり。

 

 

セブン・イ レブン

セブン・イ レブンは、台湾系のプレジデント・チェーン・ストア(ラブアン)ホールディングスが51.56%を所有するフィリピン・セブン社によって運営されている。

フィリピンの日系コンビニ セブンイレブン

 

ミニストップ

ミニストップは、ゴコンウェイ財閥と、三菱商事と組んでいる。

フィリピンのコンビニ ミニストップ

 

ファミリーマート

ファミリーマートは、アヤラ財閥と、伊藤忠商事と、小売大手ルスタン・グループと組んでいる。

フィリピンの日系コンビニ ファミリーマート

 

ローソン

ローソンは、大富豪のルシオ・コー氏率いるピュアゴールド・プライス・クラブ(フィリピンのスーパー大手)と組んでいる。

フィリピンの日系コンビニ ローソン

 

 

 

 

その他小売

 

ユニクロ

シー財閥が持つフィリピン最大の小売グループSMグループと、ファーストリテイリングの合弁。

マニラのユニクロ

 

 

無印良品

フィリピンの大手小売グループであるルスタングループ (Rustan Group) のリテール部門グループ会社ストアーズスペシャリスツ社 (STORES SPECIALISTS,INC)へのライセンス供与。

フィリピンの日系小売 - 無印良品

 

 

 

ダイソー

「ダイソー」は、ゴコンウェイ財閥系の小売大手ロビンソンズと大創産業との合弁会社。

 

「ダイソー」の商標を巡っては、ジャパン・ホーム・センターとの間で2009年からその所有権が争われていたが、2015年8月にフィリピンの最高裁判所が大創産業側に所有権を認定。現在は、全店舗が「ダイソー」の店名で営業している。大創産業は、当初は「サイゼン」という名称での営業を余儀なくされていた。

フィリピンの百円ショップ ダイソー

 

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

国際結婚のコースの申し込みをされなくても、あなた様が無料会員登録されますと、新着のフィリピン人女性の情報など、お得な情報をいち早くメールでお送りしますので、お好みの女性を見逃すことはありません!

 

しかも、会員登録をした日本人男性は、フィリピンの女性たちとのメール交換を無料で利用することもできます!(翻訳も無料サービスなので、皆様は日本語でやりとりするだけです)

 

今すぐ、会員登録を!

無料ご入会申込み(会員登録)フォームはこちらです

 

 

国際結婚フィリピン トップページへ

 

 

 

 

 

 

 

 

国際結婚のお相手のフィリピン女性と楽しむ現地の飲み物

フィリピンのドリンク カラマンシージュース | 国際結婚フィリピン

ジュース

 

カラマンシージュース

カラマンシーは直径2〜3cmくらいで、日本のすだちみたいな見た目です。

現地の飲み物 カラマンシージュース

 

 

ブコジュース

ココナッツのジュース。椰子の実のことをブコ(Buko)といいます。

現地の飲み物 ブコジュース

 

 

 

 

 

 

 

マンゴージュース

写真は、マンゴーシェイク

現地の飲み物 マンゴーシェイク

 

 

 

 

 

 

ダランダンジュース

ダランダンとはフィリピンのみかんのことで、カラマンシーより一回り大きくて甘味がある果実。味は、みかんとシークワーサーの中間のような、すっきりクリアな味。

現地の飲み物 ダランダンジュース

 

 

 

 

 

 

 

 

ビール

フィリピンではビールに氷を入れて飲むのが一般的です。また、大勢で飲むときは、タワーの形をした容器でビールを注文できます。

 

 

サンミゲル ライト (San Miguel Light)

フィリピンのビールとして真っ先に挙がる定番のビール。軽い飲み口で、非常に飲みやすい。

現地のビール サンミゲルライト

 

 

 

 

レッドホース

最もポピューラーで庶民的人気を誇るビール。値段も安く、アルコール度数が高く、かつ味もスッキリしている。

現地のビール レッドホース

 

 

 

 

サンミゲル プレミアムモルツ  (San Miguel PREMIUM ALL-MALT)

サンミゲルのモルツ版。泡切れが良い高級ビール。日本のビールに近い。

現地のビール サンミゲル プレミアムモルツ

 

 

 

 

サンミゲル アップル フレーバー とレモンフレーバー (San Miguel Apple Flavor, Lemon Flavor)

リンゴフレーバー、レモンフレーバーのビール。 飲みやすいので、女性を中心に人気。

現地のビール サンミゲル アップルフレーバー

 

 

 

 

 

 

タンドゥアイ アイス

いくつかフレーバーがある、カルテル風のお酒です。

現地のお酒 タンデュアイアイス

 

 

 

 

 

 

 

 

ラム酒

サトウキビの生産国であるので、それを原料とした上質のラム酒が製造されています。

 

タンデュアイ

現地のラム酒 タンデュアイ

 

 

 

 

 

 

水道水は飲めません。水道は衛生状態が悪く、貯水タンクの汚れや汚物の混入等により大腸菌等に汚染されている可能性があります。現地の人も水道水をそのまま飲むことはしません。

 

一般家庭では大きなミネラルウォータのボトルを買い置き、それを飲料水や料理などに使います。水道水(Tap Water)による下痢は、場合によっては病院での治療が必要となる場合もありますので、慣れてない方はレストランで出される水や氷にも注意しましょう。

 

ウォーターサーバーの水は、ミネラルウォーター、蒸留水を提供している業者もありますが、水道水を濾過した濾過水を提供しているところが多いようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

国際結婚のコースの申し込みをされなくても、あなた様が無料会員登録されますと、新着のフィリピン女性の情報など、お得な情報をいち早くメールでお送りしますので、お好みの女性を見逃すことはありません!

 

しかも、会員登録をした日本人男性は、女性たちとのメール交換を無料で利用することもできます!(翻訳も無料サービスなので、皆様は日本語でやりとりするだけです)

 

今すぐ、会員登録を!

無料ご入会申込み(会員登録)フォームはこちらです

 

 

国際結婚フィリピン トップページへ

 

 

 

 

 

 

 

 

国際結婚のお相手のフィリピン女性と楽しむ現地ショッピングモールでの買い物

国際結婚希望の女性と行く大型ショッピングモール SM ノースエドサ

 

大型ショッピングモール

 

SMノース エドサ SM City North EDSA

フィリピン第1位、世界第4位の大きさのショッピングセンター(総賃貸面積に基づく。ちなみに世界第2位の中国の華南モールは事実上機能停止状態と言われている)。

シー財閥。

フィリピンのモール SM ノースエドサ

 

 

モールオブエイジア SM Mall of Asia (MOA)

フィリピン第2位、世界第9位の大きさのショッピングセンター(総賃貸面積に基づく)。

シー財閥。

 

2006年5月パサイに誕生した、東京ドーム8個分が入る超巨大モールです。600以上の店舗や150以上のレストランが入る。中にはプロをも育成出来るようなアイススケートリンクや、様々な外資系レストラン、一流ブランドショップなどがあります。夕方から夜にかけては、マニラ湾に沈む夕日を眺めながら食事したり、週末には花火の打ち上げを鑑賞できるなど一日楽しめるスポットです。午前10 時~午後10 時(定休日なし、レストラン街の一部店舗は午前零時まで営業)。

フィリピンのモール モールオブエイジア

 

 

 

 

SMメガモール

フィリピン第3位、世界第13位の大きさのショッピングセンター(総賃貸面積に基づく)。

シー財閥。

 

一日平均80万人、年に2億9200万人が来客している。最大収容人数は400万人。SMプライムは最大の経常利益を挙げるメガモールにすることを計画、現在SMメガモールの改築増床工事を進めており、完成するとSMシティ・ノースEDSAを抜いてフィリピン国内最大のショッピングモールになる予定。

 

メトロ・マニラ近郊からも、多くの人が車を利用してまとめ買いをしに来るほど大きなモール。

 

オルティガス地区は、マカティからエドゥサ通りを北上して、マカティとケゾン・シティーのちょうど真ん中にあります。ここはメトロ・マニラの副都心として発展し、コールセンターなどの企業が集まるエリアでもあります。

 

 

 

グリーンベルト Greenbelt Mall

フィリピン第5位、世界第23位の大きさのショッピングセンター(総賃貸面積に基づく)。

 

アヤラ財閥。

 

中央にグリーンベルト公園を配したモールで、一休みできるおしゃれなカフェや、雰囲気のよいレストラン、バー、シネマコンプレックスやブックセンターがあります。、公園脇では生バンドのオープンエアーのレストランもあり、とても開放的で、ショッピングに興味のない方にも楽しめる場所です。もう一つの巨大SCグロリエッタとはランドマークを経由し、歩道橋でつながっており、車道を渡ることなく気楽に行き来きます。

 

高層ビルが立ち並ぶマカティの中心部、アヤラ通りとマカティ通りの交差点付近にある「アヤラセンター」は、グリーンベルト、グロリエッタなどの巨大ショッピングモールや、シャングリラなど高級ホテルが集まるツーリストゾーン。ミュージアムもあり、何でも揃っている上に歩いて回れる、観光客にとても便利な地域。おそらくこのアヤラセンター付近はマニラ市内の中で最も洗練されていて、安全で、清潔な地域でしょう。

 

グリーンベルトは4つのモールからなる。中央には熱帯植物や人工池が美しくレイアウトされた公園があり、その周囲には、ブランドショップや高級レストランが軒を連ねている。高級品のショッピングモールとして知られる所であるが、日が沈みはじめる頃になると、公園広場が主役となる。公園そばにあるオープンエアのレストランやバーに多くの観光客や地元のサラリーマンが集まりはじめ、生バンドの音楽を聴きながら食事や飲み物を楽しむ。

 

 

Green belt 1 (グリーンベルト1)

グリーンベルトの中で一番庶民的。リーズナブルなレストラン、ファーストフード店、日常雑貨、本屋が並び地元っ子に人気。2階には映画館もある。

 

Green belt 2 (グリーンベルト2)

飲食店専門館。世界各国の料理を味わうことができます。人気のレストランやカフェ、バーの並ぶレストランエリア。昼間はオープンエリアでゆったりランチ、夜ともなるとオシャレなフィリピン人、外国人で大賑わい。

 

Green belt 3 (グリーンベルト3)

グリーンベルトの中心的存在。中央の憩いの広場が特徴で、夜には噴水が3色に変化して美しい。アパレルからエンターテイメント、レストランまであらゆるショップが満遍なく揃うメイン館。

 

Green belt 4 (グリーンベルト4)

洗練された世界の一流ブランドショップが集まるエリア。

 

 

 

ランドマーク Landmark

基本的にフィリピンテイストの衣類、コスメなどを扱うブランド店が中心の庶民派デパート。地下にはフードコート、食品、日用雑貨が安く買える大きなスーパーマーケットも入っている。

 

 

ロビンソン・コマーシャル・コンプレックス Robinson’s Commercial Complex

ゴコンウェイ財閥。
エルミタのペドロ・ヒル通りPedro Gill St.沿いにある巨大ショッピングセンター。大学が近いせいか若者が多く、店も彼ら向けの衣料品店や本屋、携帯電話専門店、飲料店などが集まっている。

 

 

フィリピンの日系コンビニ、日系100円ショップについては、「国際結婚のお相手のフィリピン女性と行く現地日系の外食・コンビニ・小売」をご参照下さい。

 

フィリピンのローカルマーケットでの買い物は、「国際結婚のお相手のフィリピン女性と楽しむローカルマーケットでの買い物」をご参照下さい。

 

 

薬は、マーキュリー・ドラッグストアが、全国にチェーン展開している。(マリアノ・ケ)

フィリピンのドラッグストア マーキュリー

 

 

 

本と文具

ナショナル・ブックストア(アルフレッド・ラモス)

フィリピンの大手書店 ナショナルブックストア

 

 

電化製品

アンソン

フィリピンの家電量販店 アンソンズ
 

 

 

 


 

 

国際結婚のコースの申し込みをされなくても、あなた様が無料会員登録されますと、新着のフィリピン人女性の情報など、お得な情報をいち早くメールでお送りしますので、お好みの女性を見逃すことはありません!

 

しかも、会員登録をした日本人男性は、フィリピンの女性たちとのメール交換を無料で利用することもできます!(翻訳も無料サービスなので、皆様は日本語でやりとりするだけです)

 

今すぐ、会員登録を!

無料ご入会申込み(会員登録)フォームはこちらです

 

 

国際結婚フィリピン トップページへ

 

 

 

 

 

 

 

国際結婚相手のフィリピン女性と楽しむ現地アクティビティ

国際結婚希望の女性と行く大型カジノ シティ・オブ・ドリームズ・マニラ

カジノ

 

シティ・オブ・ドリームズ・マニラ CITY OF DREAMS MANILA

フィリピンのカジノ シティ オブ ドリームズ マニラ

「シティオブドリームズマニラ」は、2015年2月にグランドオープンしたマニラ最大級のカジノリゾートです。マニラ湾の沿い経済特区にあるリゾートワールド、ソレアに続く第三の大型カジノ施設で、メルコ・クラウン・フィリピン社が運営しています。

 

金色に輝く巨大なビル群からなる敷地内には、クラウンタワーズホテル、ダブルウィング2棟からなるハイアットホテル、アジア初進出のノブ・ホテルが建ち並びます。

 

カジノエリアには、ゲームテーブルが365台、スロットマシン1680台と圧倒的な規模を誇ります。

 

施設内にはカジノ施設の他、ドーム型の「フォーチュン・エッグ」などのエンタテインメント施設、ショッピングモール、レストラン、ナイトクラブを有しています。

 

今後、同国の年間のギャンブル収入はラスベガスを超えると予測しています。

 

 

 

リゾートワールドマニラ

フィリピンのカジノ シティ・オブ・ドリームズ・マニラ

「リゾート・ワールド・マニラ」は、2009年にオープンしたフィリピン最大級のカジノホテルです。ニノイ・アキノ国際空港の第3ターミナル前にあり、巨大エンターテインメントリゾートとして人気急上昇のスポットです。

 

カジノは3万平方メートルの広さを誇り、2フロアの吹き抜けは開放感が溢れ、中心には座席数200席の「バー360」があり印象的です。巨大カジノは、バカラ、ルーレット、ブラックジャックなどのテーブルゲームが300、スロットマシンも1,200台を超えています。

 

 

 

 

ナイトライフ

 

コメディーバー

コメディーバーでは、コメディアンがステージに立ってスタンドアップコメディを演じ、時には客をいじるなどして笑いを取ります。シャベリはタガログ語(フィリピン語)ですが、顔の表情やしぐさで言葉がわからなくても日本人でも楽しめます。

フィリピンのナイトライフ コメディバー

 

上記写真はテレビでも有名なエセル・ボーバ、バイス・ガンダ、チョコレートなども出演するティモッグのコメディバーの「ラフライン」(Laffline)。入場料250ペソ。ビールは82ペソ、おつまみは一品200ペソ程度。

 

 

カラオケ

ミュージック21プラザがマニラの第1号店(マカティ)を開店したのは1995年でした。

ティモッグ店(ケソン市)

正午~午前5時までオープン

フィリピンのカラオケ店

 

barkada-and-new-2nd-NEW

 

 

 

クラブ(ディスコ)

Padi’s Point

フィリピンのクラブ パディスポイント

 

 

 

 

ここから先は、男性のみのお楽しみになります。

 

セクシーなフィリピン女性

 

セクシーなフィリピン人女性

 

 

KTV

フィリピンのktv
KTV (Karaoke TV)は日本の歌をおいてあるカラオケバー。カラオケバーには、たいてい日本語が話せる女の子がおり、日本にエンターテイナーとして来ていた女の子もいたりします。

 

【標準的なシステム】

  • 1セット90分飲み放題:500ペソ
  • 指名:300ペソ
  • レディースドリンク:1杯300ペソ
  • 延長(1時間):300ペソ
  • 営業時間:午後7pm~午前2am
  • 上記料金の他にサービスチャージ10%と、拡大付加価値税(E-VAT)が12%とられる。

【単純に1セット遊んだ場合の料金】

  • 1セット料金+指名料+レディースドリンク1杯+サービスチャージ+税金
    =500+300+300+110+132=1342ペソ

 

【備考】

  • 1セットは90分ではなく60分や120分で設定している店もある。
  • 拡大付加価値税は18%取る店もある。また、店によってはサービスチャージ、税ともに取らなかったり、サービスチャージだけ取る店など様々。
  • 基本的に延長すると延長料だけが加算されるが、中には指名も延長ということで、指名延長料金という形で加算される店もある。

 

 

ショークラブ

 

ちょっとセクシーなショーを見たければショークラブへ。ロハス大通りに面してかなりの数の店がありますが、高い。さらに、店によってシステムがまったく違います。中央にステージがあり、魅惑的なショーがあります。店に入るとまず、女の子を選ばされます。断ってもいいのですが、かなりしつこくすすめられます。実はその女の子達の飲むドリンクが高く、カモとみるや15分に1杯の連続攻撃を受けます。ショーだけ見る分にはそれほどかかりません。

 

 

 

 

ゴーゴーバー

 

 

マニラでもっともポピュラーな夜の遊び場はゴーゴーバーでしょう。パサイ市のエドサ通りにあるコンプレックスやマカティのプルゴス通りに密集地帯があります。

 

 

 

エドサコンプレックス(エドコン)

フィリピンのedsa complex

 

 

又、マニラから少し離れますが、アンヘレス地方にもゴーゴーバーが密集する歓楽街があり(バリバゴ地区)、こちらは規模が大きく人気です(ゴーゴーバーは基地で働いていたり休暇で来た軍人をターゲットとして発展してきた。)

 

アンヘレス ウォーキングストリート

フィリピンアンヘレス

 

 

パサイのエドサコンプレックスは日本人が多いようです。店の真ん中にステージがあり、そこでたくさん女の子達が水着姿で踊っており、気に入った女の子を席に呼んでドリンクをおごれぱ、話し相手になってくれます。1杯150ペソくらい。お店にバーファインを払えば、外へ連れ出すことができる。バーファインとは女の子の連れ出し料のこと。ファインは「罰金」の意味。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

国際結婚のコースの申し込みをされなくても、あなた様が無料会員登録されますと、新着のフィリピン人女性の情報など、お得な情報をいち早くメールでお送りしますので、お好みの女性を見逃すことはありません!

 

しかも、会員登録をした日本人男性は、フィリピンの女性たちとのメール交換を無料で利用することもできます!(翻訳も無料サービスなので、皆様は日本語でやりとりするだけです)

 

今すぐ、会員登録を!

無料ご入会申込み(会員登録)フォームはこちらです

 

 

国際結婚フィリピン トップページへ

 

 

 

 

 

 

 

 

国際結婚のお相手のフィリピン女性と楽しむ現地観光スポット

国際結婚希望の女性と楽しむマニラ湾の夕日

マニラ市内の観光スポット

 

マニラベイ  Manila Bay

「世界三大夕日」とされるところは、フィリピン・ マニラ湾、マレーシア・マラッカ海峡、スペイン・ジブラルタル海峡と言われています。また、「世界三大夕日のまち」とされるところは、 フィリピン・マニラ、インドネシア・バリ、日本・釧路と言われています。どちらにしても、マニラは入りますので、その美しさは太鼓判といったところでしょう。

 

眺める場所は、ショッピング・モールのMOA(モール・オブ・エイジア)の海側(シーサイドブルバード側)にある遊歩道からの眺めがいいでしょう。お見合いした女性たちと、もしくは一人に絞った女性と、一緒に歩きながらでも、防波堤に腰掛けながらでも、ご覧になっては如何でしょうか。クルーズも手ごろな値段であります。

フィリピンマニラ湾の夕日

 

 

チャイナタウン  China Town

マニラの旧市街にあるビノンドは、フィリピンを代表するチャイナタウンです。オンピン通りは中国の飲食店はじめ食材店、薬局がある異国情緒ただよう街です。ブレスレットや指輪、ネックレスなどゴールド製品をここで買い求める方も多いようです。
イントラムロスは、スペイン植民地時代の城塞都市ですが、外壁があり、中国人は内部に住むことは許されなかったそうです。 そこで彼らは商売を続けるためイントラムロス近隣に集まり、これがチャイナタウンになったと言われています。

マニラチャイナタウン

 

 

マニラ・オーシャンパーク  Manila Ocean Park

2008年に開園した東南アジア最大の水族館です。リサール公園に隣接するキリノ・グランドスタンドの裏手にあり、マニラ湾に面しています。3ヘクタールの敷地には水族館のほか、商業施設や、最近開業の「ホテル H2O」が併設されています。

フィリピンの水族館マニラオーシャンパーク
この水族館の最大の呼び物は、半円状で220度の広角をもつガラス製のトンネル型水槽です(ガラスの厚さは約20センチ。水槽の全長は約20メートル)。

 

水槽内の海水はマニラ湾から引き上げた後、ろ過して微小ゴミを除去しているので綺麗です。この水中トンネルは「ブーハイ・ナ・カラガタン」と呼ばれており、タガログ語で「生きている海洋世界」の意味です。

 

白い腹をした大きなエイや小型サメ、熱帯魚が群をなして、ガラスの向こう側を滑るように回遊しています。宇宙飛行士のような姿をしたダイバーの水中遊泳も人気で、笑顔のダイバーが、身振り手振りで子供たちに話しかけてくれます。

 

ここにはほかにも淡水魚のみを集めた水槽もあり、アマゾン川に生息する大型淡水魚、ピラルクやデンキウナギなどが鑑賞できます。ここオーシャン・パークにいる水中生物は300種以上といいます。
フィリピンの水族館マニラオーシャンパーク2

入場料は大人400ペソ。年中無休
月 – 火    午前10時から午後7時まで
水 – 金    午前10時から午後8時30分まで
土日祝    午前9時から午後8時30分まで

 

 

イントラムロス Intramuros

イントラムロスとはスペイン語で「壁の中の市」という意味。1571年、初代総督レガスピがパッシグ川のそばに全長4.5kmの城壁を築き、政府をおいた城塞都市です。

 

そのほとんどが度重なる戦争で破壊されましたが、その後、徐々に修復・再現され、今はスペイン統治時代の面影を色濃く残す地区として、多くの観光客を集めています。400年以上を経た今もスペイン植民地時代の城壁が残っており、壁の内側にはスペイン風の家並みが続きます。

フィリピン観光名所イントラムロスの地図

フィリピンの観光名所 イントラムロス

 

フィリピン観光名所 イントラムロス

 

 

 

リサール公園  Rizal Park

マニラの中心部に位置する、緑豊かな公園で、その名はフィリピン独立運動の指導者、ホセ・リサールに由来しています。総面積は58万km2もあり、敷地内には池や子供の遊園地施設、さらに日本庭園もあります。

フィリピンの観光名所 リサール公園

 

 

メトロポリタン美術館  Metropolitan Museum

セントラル・フィリピン銀行のコレクションを地階で常設しており、ゴージャスな金製品や貴金属の展示は多くの訪問客の目を引きます。絵画、写真、伝統工芸など、様々なテーマでフィリピンの文化と芸術を紹介しています。月~土10:00~18:00。日祝休み
フィリピンの観光名所 メトロポリタン美術館

 


マラテ教会  Malate Church

18世紀にアウグスティノ会の修道士によって建築された石造りの教会で、マラテでは最も古く、1762年イギリスがマニラを占領した際にはイギリス軍の要塞として使われました。

フィリピンの観光名所 マラテ教会

 

 

キアポ教会  Quiapo Church

パシグ川の北のキアポ地区の中心に位置しケソン通りに面しています。
この教会には17世紀にスペイン人がメキシコから運んだ「ブラック・ナザレ」といわれる巨大な黒い十字架とキリスト像があります。

フィリピンの観光名所 キアポ教会

 

 

国立博物館  National Museum

リサール公園の北側ゴルゴス通りに位置し、もともとは大蔵省として利用されてきた5階建ての建物です。

 

古代イスラム民族や山岳民族の生活用品や民芸品、出土品が展示されているほか、世界最大のワシ、フィリピンイーグルをはじめとするフィリピンの動物や植物の標本、風土・歴史・人類学に関する貴重な資料が多数展示されています。火~日10:30~16:30。月曜休み。

フィリピン観光名所 国立博物館

 

 

マニラ大聖堂  Manila Cathedral

マニラ大司教が本拠を置いており、マニラで最も重要な教会とされています。ローマ広場に面し、ベルタワーはイントラムロスのランドマーク的存在となっています。

 

1581年に竹で創建されて以降、台風や地震、戦争などで、破壊と再建を繰り返し、現在あるのは1958年に再建された6代目。その再建に関してはバチカンからの援助があったといわれています。

 

ロマネスク風の建物で、ドーム上の屋根とベルタワーが目を引きます。広い内部は厳かな雰囲気です。フィリピン人アーティストによってデザインされたステンドグラスは一見の価値があるでしょう。

 

彫刻やステンドグラスの美しさももちろんですが、中でも見逃せないのがアジア最大といわれるパイプオルガンです。4500本のパイプを持つこのオルガンは、アジアで最も大きいもののひとつです。

フィリピンの観光名所 マニラ大聖堂

 

 

サン・アグスチン教会  San Agustin Church

世界遺産。

 

イントラムロス内にあるフィリピン最古のバロック様式の石造教会です。戦争や地震による破壊を免れ、現在に当時の姿を残しています。創建は1587年で、基礎工事から完成までに20年を要したといわれています。

 

そのどっしりとした建物は、1675年からの7回にわたる地震、そして第2次世界大戦の爆撃にも耐え、そのままの姿を残すことができました。

 

教会内はバロック風のインテリアで、パリからとりよせられたシャンデリア、イタリア人アーティストによる壁画や祭壇を見ることができます。マニラ大聖堂よりは明るい感じのする教会です。

 

祭壇の左には、スペイン人のレガスピが眠っている礼拝堂もあります。また、教会の右にはサン・アグスチン博物館があり、宗教画や礼服、礼拝に使う品々を見ることができます。

 

14ある礼拝堂はそれぞれの天井にイコンが描かれ、当時のシャンデリアやステンドグラスが残っています。古い修道院を利用した博物館も併設されています。

フィリピンの観光名所 サン・アグスチン教会

 

 

マラカニアン宮殿  Malacanang Palace Museum

サン・ミゲル地区にあり、パシグ河畔に建つ白亜の純スペイン風邸宅。1986年の2月革命で、マルコス大統領追放劇の舞台となり、一躍世界的に有名になりました。

 

元々はスペイン貴族ルイス・ロチャの邸宅でしたが、その後スペイン総督、アメリカ総督の官邸として使われました。その後はフィリピン大統領官邸として使用され、マルコス時代には大統領府として機能していました。

 

現在は歴史的遺産の博物館として部分的に一般公開されています。月~金9:00~15:00。土日休み

フィリピンの観光名所 マラカニアン宮殿

 

 

サンチャゴ要塞  Fort Santiago

1571年から150年もの年月を費やして作られた、イントラムロス北西に残る要塞跡でマニラ湾の動向が容易に視認できる位置に築かれています。

フィリピンの観光名所 サンチャゴ要塞

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

国際結婚のコースの申し込みをされなくても、あなた様が無料会員登録されますと、新着のフィリピン人女性の情報など、お得な情報をいち早くメールでお送りしますので、お好みの女性を見逃すことはありません!

 

しかも、会員登録をした日本人男性は、フィリピンの女性たちとのメール交換を無料で利用することもできます!(翻訳も無料サービスなので、皆様は日本語でやりとりするだけです)

 

今すぐ、会員登録を!

無料ご入会申込み(会員登録)フォームはこちらです

 

 

国際結婚フィリピン トップページへ

 

 

 

 

 

 

 

 

国際結婚のお相手のフィリピン女性と楽しむ現地の食事

フィリピンのファストフードの写真-ジョリビー | 国際結婚フィリピン

 

1. フィリピンのファストフード

 

ジョリビー Jollibee

現地のファストフード ジョリビー

ジョリビーはフィリピン国内最大手ファーストフードチェーン店で、フィリピンではマクドナルドより人気があります。フィリピン華僑のトニー・タンが率いるジョリビー・フード・コーポレーションによる運営で、創業は1975年。元々はアイスクリーム店だったそうです。フィリピンの他に、アメリカ、香港、ベトナム、インドネシア、ブルネイ、サウジアラビアに進出しており、日本進出も予定しているようです。

 

ジョリビー・フード・コーポレーションは、ジョリビーのほか、チャオキン(ファーストフード系の中華料理)、グリニッチ(アメリカ系ピザ屋)、レッドリボン(ケーキ屋)、マン・イナサール(フィリピン料理)、バーガーキング(ハンバーガー)など、フィリピンで人気のレストランを持っています。

 

2012年9月時点で、フィリピン国内の店舗数は、ジョリビーが765店、チャオキンが383店、グリニッチが201店、レッドリボンが209店、マン・イナサルが457店、バーガーキングが25店。

 

ジョリビーはミツバチを模したマスコットが特徴。ジョリビーのメニューは、ハンバーガーとフライドチキンがメインで、それ以外にライスやスパゲッティなど。ジョリビーではバナナで作られた「バナナケチャップ」を使用しているため、やや甘めの味付けである。フライドチキンについてくるソースはグレイビーソースである。

 

ハンバーガー、フライドチキンといった西洋食以外に、フィリピンの伝統的な食べ物であるパラボックやバッチョイ(セブ伝統料理で日本のラーメンのようなもの)も販売している。

 

ジョリビーがフィリピン人の間でマクドナルドを超える人気を保持している理由は、地元の食文化に根ざしたメニュー展開にある。フィリピン人好みの甘い味付けや、フライドチキンと彼らの主食であるご飯を添えたセットメニュー、主食以外にもスパゲッティとコーラのセットといったメリエンダ(おやつ、軽食)用のメニューも充実している。

 

一番人気のメニューはフライドチキンとご飯のセット「Chickenjoy(チキンジョイ)」(126ペソ/約305円)。フィリピンではフライドチキンはビスケットやパンではなく、ご飯と一緒に食べるのが一般的。

 

地元の小さい子どもたちはこちらのお店でバースデーパーティーを開くのもよくあることで、ケチャップたっぷりの柔らかく茹でたスパゲティー(48ペソ/約115円)は、子どもが大好きなメニュー。

 

 

 

チャオキン Chowking 超群

現地のファストフード チャオキン

フィリピン最大手のファーストフード中華料理専門店。 チャーハンから野菜炒め、ラーメンに肉まん、シュウマイまで定番中華が一通り揃う。中華料理の影響を受けたフィリピン風焼きそば「パンシットカントン」は試してみたい一品。中華ゴマ団子「ブッチ」、さまざまなトッピングが楽しい「ハロハロ」などデザートも各種あり。下記ハロハロの項に写真あり。

 

 

 

マン・イナサル Mang Inasal

現地のファストフード マンイナサル

Mangとは、ダガログ語で年上の男性を呼ぶときの頭に付ける言葉で、英語だとMr.やMs.にあたる言葉。イナサルというのは、マリネ液に浸して炭火で焼き上げるという調理方法のこと。

 

チキンや豚肉の炭火焼定食を提供している。特徴は、ライスのお替わりが無料。バナナの皮の上に食事がのって出てくる。手を使って食事をしている現地の人もいる。

 

チキンイナサルとおかわり自由のご飯、スープのセットは99ペソ(約226円)。バングースというフィリピン産の淡白な魚のグリルもオススメ。すだちを思わせるカラマンシーとしょう油をかけて、シンプルに味わう。

 

副菜には、 トマトと玉ねぎをトッピングした焼きナスに「バゴオン」と呼ばれるアミの発酵調味料をかけたフィリピンの定番おかず「エンサラダ・タロン」(25ペソ/約60円)がおススメ。

 

 

 

グリニッチ Greenwich

現地のファストフード グリニッチ

ハワイアンピザというピザが人気。ピザのほかにもチキンやラザニア、スパゲッティなどのメニューもある。
値段はセットで150ペソほど。店内で食べられる他、テイクアウトもできるので、お店の外で売られているテイクアウトのピザをたくさんの人が買って帰っている。

 

 

 

ゴールディラックス Goldilocks

現地のファストフード ゴールディラックス

フィリピンスタイルのパン・洋菓子・伝統菓子・料理のファーストフード。

 

フィリピン料理の定食などが、店内のカフェスペースで味わうことができる。また、小包装されたパンやケーキなども食べることができる。ほかにも、クッキーやキャンディなどはお土産にも最適。

 

 

 

レッドリボン Red Ribbon

現地のケーキ屋 レッドリボン

人気のケーキショップ。

 

 

ミスタードーナツ

現地のミスタードーナツ

 

 

 

現地の日系レストランについては、「フィリピンで行く現地日系の外食・コンビニ・小売」のページをご参照下さい。

 

 

 

2. 伝統的なフィリピン料理

 

 

パンシットカントン pansit canton

 

地元料理 パンシットカントン

フィリピン料理の中でも、日本人に親しみやすい料理と言えば、麺料理のパンシット(Pansit)。見た目は日本のビーフンや焼きそばのよう。

 

これは、地元では、日常的に食べている料理で、高級料理であるレチョン(豚の丸焼き)などと違い、価格も安い。単品でも普通に美味しく、フィリピン料理の独特の甘い味付けやクセも少ないのでフィリピン料理が苦手という人におススメ。

 

大抵はカラマンシーが添えられているので、カラマンシーを絞って柑橘系の爽やかな香りを楽しみながら食べるのがフィリピン流で、米好きのフィリピン人らしく麺料理のパンシットとライスを一緒に食べるというのが普通。

パーティには必ず出されるカジュアルなディッシュ。

 

 

 

パンシットビーフン

地元料理 パンシットビーフン

麺はビーフンと同じでフィリピン風ビーフンとも言える料理

 

 

パンシットソタホン

地元料理 パンシットソタフォン

春雨を使ったパンシットで弾力性がある麺を中華風の味付けで食べる

 

 

 

アドボ adobo

地元料理 アドボ

アドボはフィリピンの代表的な家庭料理で、フィリピン人の国民食。もともとスペイン料理のアドバード(肉の漬け焼き)を起源としている。語源はスペイン語で「マリネする」または「漬ける」を意味する動詞アドバル(adobar)。

 

アドボ(Adobo)とは、フィリピンの肉や野菜の煮込み料理の名称で、酢が使われることが多く、常温での保存性を高めた料理法。

 

材料は鶏か豚のいずれかを使うのが代表的で、鶏肉と豚肉を両方使うこともある。日本人の口に合うので、これを注文すれば間違いない。

 

 

 

シシグ sisig

地元料理 シシグ

豚の耳や皮といった部位を細かく刻んだものを、みじん切りにした玉ねぎやにんにくと一緒に鉄板で炒め、醤油や酢、唐辛子等で味付けしたものです。日本人の口に合うが、少し油っぽいので、油が苦手な人は注意。

 

 

 

カレカレkare kare

地元料理 カレカレ

オックステール(牛の尾)やモツを色々な野菜とピーナッツソースで煮込んだもの。ちなみにカレカレという言葉はカレーとは関係ない。バゴオン アラマン(小エビの塩漬け)と一緒に食べます。最初はピーナッツソースの濃厚さとバゴオンの臭さに抵抗を感じる人も多い。

 

 

シニガン sinigang

地元料理 シニガン

フィリピン料理を代表する料理の一つで、タマリンドを用いた酸味のあるスープもしくはシチュー。

 

 

ハロハロ halohalo

地元の名物かき氷デザート ハロハロ

フィリピンの代表的なかき氷のデザート。ハロとはタガログ語で混ざるという意味で、ハロハロと続けると混ぜこぜにするという意味に転じる。その名の通りかき氷とミルクをベースとして、各種の果物、甘く煮た豆や芋類、アイスクリーム、ゼリー、ナタデココ、タピオカ、ココナツ、プリン、米やトウモロコシの加工品など、多種多様な材料が用いられる。日本ではミニストップで売っている。

 

 

 

レチョン lechon

地元料理 レチョン

炭火で一頭の豚を丸ごと焼いた料理。

上記の写真は切り分けたもの。

 

 

 

バロット balut

孵化直前のアヒルの卵を加熱したゆで卵。

 

 

バゴオン

イワシなどの小魚を塩漬にした調味料

地元料理 バゴオン

 

 

バゴオン アラマン Bagoong Alamang

アミエビの塩漬にした調味料

地元料理 バゴオン アラマン

 

 

 

 

ほかの代表的なフィリピン料理は以下の通り。

 

 

 

3. フィリピンのレストラン

 

コンゴグリル Congo Grille

フィリピンのレストラン コンゴグリル

 

フィリピンのレストラン コンゴグリル

 

フィリピンのレストラン コンゴグリル

 

 

マックス Max’s Restaurant

フィリピンのレストラン マックス

 

フィリピンのレストラン マックス

 

 

ジェリース グリル Gerry’s Grill

フィリピンのレストラン ジェリース グリル

 

フィリピンのレストラン ジェリースグリル

 

 

メサ Mesa

フィリピンのレストラン メサ

 

フィリピンのレストラン メサ

 

 

 

ビストロ パマナ Bistro Pamana

フィリピンのレストラン ビストロパマナ

 

 

タイズ Tides

フィリピンのレストラン タイズ

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

国際結婚のコースの申し込みをされなくても、あなた様が無料会員登録されますと、新着のフィリピン人女性の情報など、お得な情報をいち早くメールでお送りしますので、お好みの女性を見逃すことはありません!

 

しかも、会員登録をした日本人男性は、フィリピンの女性たちとのメール交換を無料で利用することもできます!(翻訳も無料サービスなので、皆様は日本語でやりとりするだけです)

 

今すぐ、会員登録を!

無料ご入会申込み(会員登録)フォームはこちらです

 

 

国際結婚フィリピン トップページへ

 

 

 

 

 

 

 

 

フィリピンの現地交通手段あれこれ(ジプニーなど)

国際結婚希望のフィリピン女性と乗るフィリピンのレギュラータクシー

1. タクシー

フィリピンのタクシー代は安いですが、高額紙幣で支払った場合、「おつりがない」と言われるので、細かいお金があるかどうかを確認してからタクシーに乗車するようにしましょう。

汚いタクシーは運転が荒かったり、ぼられる可能性も高いので、止めないこと。メーターの使用を拒否するタクシーからは、戻らせるか、停車させて、すぐに降りましょう。渋滞や信号待ちの間に強盗が入ってくることを避けるため、乗ったらすぐにロックしましょう。

 

 

1) レギュラータクシー

地元の人が使うタクシー。車体の色は白色の他にも、会社によって色が違う。

初乗り P40ペソ(250mにつき3.5ペソ加算)

フィリピンのレギュラータクシー

 

 

2) イエロータクシー

イエロータクシーは、黄色いメーター制の空港専用タクシー。レギュラータクシーと比べて値段が高い。黄色の車体が特徴。屋根にTaxiが表示がついていない。当初は運転手のマナーも良かったが、最近は一般のタクシーと大差なくなってきている。

初乗り 70ペソ(300mにつき4ペソ加算)

フィリピンのイエロータクシー

 

 

3) クーポンタクシー

安全のため、空港ではクーポンタクシーを使うことがおすすめです。一般のタクシーに比べて料金は倍以上ですが、安全です。あらかじめ行き先ごとに運賃が決められていて、その運賃が記入されたチケット(クーポン)に基づいて料金を支払うシステムです。NAIAからケソン市まで800ペソくらい
フィリピンのクーポンタクシー

 

 

 

 

2. ジプニー

現地の人はジープと言う。ジプニーは車体ごとに決まった区間を往復しており、車体前の表示板に行き先が表示されており、車体横の表示板にその区間の名前が表示されています。この表示は固定のため、乗る前にどちらの行き先に向かっているのかの確認が必要です。

ジプニーに乗ったときは持ち物に特に注意を。

 

運賃は初乗り7.5ペソ前後。

jipuni

第二次世界大戦が終わって、米軍の置いていった軍用車両を改造したのが始まりだと言われているが、30年以上前から日本から中古トラックのエンジン、車軸、ステアリングなどを輸入して、フィリピンで車体などを手作りで加工している。近年は排気ガスやジープニーの多さなどから、都会を中心に新規参入はできなくなっている。

 

 

3. トライシクル

バイクの横にお客さんが乗るための座席をつけたバイクタクシーで、近距離の移動に便利です。運転手の後ろ、and/or 運転手の横に座れます。

 

初乗り20~25ペソ程度

tricycle

主にサブディビジョン(Subdivision)と呼ばれる住宅区画の入り口にトライシケル・ターミナルがあり、各家まで運んでくれる。

 

 

4. FX

中長距離エアコン付き乗り合いタクシー。以前トヨタのアジアカー、タマラオTamaraw FX(Tamaraw=水牛の意味)という車が最初に使われたから、その名前からFXと呼ばれている。始点と終点が決まっており、原則、途中乗車・下車はできない。最近ではハイエースなどのワンボックスカーなどもFXと呼ばれて走っている。

フィリピンの乗り物 FX

 

 

 

5. バス

バスはメトロマニラ内を移動する「近距離バス」と、メトロマニラと郊外をつなぐ「長距離バス」の2種類があります。近距離バス、長距離バスともに、基本的にはどこでも降りられます。 バス停の場合は、到着する前にコンダクターがバス停名を乗客に大きな声で伝えてくれます。

 

 

1)  近距離バス

近距離バスは、電車の駅周辺やEDSAなどの大通りでは大抵走っています。バス停もありますが、それ以外の場所でも手を挙げればすぐ停まってくれます。マニラ市内など近距離の移動の場合、行き先を伝えると金額を教えてくれます。(初乗りは約12ペソ)

フィリピンの近距離バス

 

2) 長距離バス

都市や州をまたぐ長距離バスの場合、行き先を告げるとコンダクター(車内で切符の確認などをする係)が穴の開いたチケットをくれます。空いた穴は、時間やバスのナンバーなど様々な情報を示しています。

フィリピンの長距離バス

 

 

6. 電車

チケットは、券売機と、窓口(Ticketing counter)で、購入することができます。「EXACT」と書かれたお釣りが出ない窓口もあるため、並ぶ時は窓口の表示にご注意下さい。
ラッシュ時間帯(朝:6:00〜10:00、夕:16:00〜20:00)にはどの電車も大変混雑します。特に LRT1と MRTは入場制限がかかり、電車に乗るだけでも40分以上かかってしまうこともあります。

 

日本の駅とは異なり、ホームを行き来できる陸橋がない駅もあります。そのため、駅に入る前には必ず乗りたい電車が到着するホームを確認しましょう。

 

改札を通る前に、かばんの中身をチェックされます。チケットを改札に通します。 チケットが上から出てくるので必ず受け取りましょう。大きな駅などには到着駅に関する表示などがありますが、矢印などもなく駅名だけが書かれているのが普通です。

 

基本的には、全ての電車に時刻表がありません。通常 15〜20 分間隔で走っており、ラッシュ時は 5 分間隔で来る時もあります。

 

日本と異なり、電車の終電はとても早いです。例えば、MRTは始発が5時30分で、終電は22時30分、LRT1は始発が5時で、終電は21時30分です。

 

 

1) LRT(Light Rail Transit)

Baclaran 駅(パサイ市)からRoosevelt駅(ケソン市)までを南北に繋いでいます。運賃は、最初の 4 駅までが12ペソ、5 駅目以降は15ペソ、その後走行距離に応じて料金が増えます。

フィリピンの高架鉄道LRT

 

2) LRT2 (Light Rail Transit2)

Santolan 駅(マリキーナ)からRecto駅(マニラ市) までを東西に繋いでいます。LRT1よりも車内が広いのが特徴。運賃は、最初の3 駅までが12ペソ、4駅目以降が1ペソ3、その後走行距離に応じて料金が増えます。

フィリピンの電車LRT2

 

3) MRT(Metro Rail Transit)

運賃は、最初の3 駅までが10ペソ、4駅目以降が11ペソ、その後走行距離に応じて料金が増えます。マカティやオルティガスなどの主要ビジネス街を繋いでいます。

フィリピンの電車MRT

 

 

 

 

 

 


 

 

国際結婚のコースの申し込みをされなくても、あなた様が無料会員登録されますと、新着のフィリピン人女性の情報など、お得な情報をいち早くメールでお送りしますので、お好みの女性を見逃すことはありません!

 

しかも、会員登録をした日本人男性は、フィリピンの女性たちとのメール交換を無料で利用することもできます!(翻訳も無料サービスなので、皆様は日本語でやりとりするだけです)

 

今すぐ、会員登録を!

無料ご入会申込み(会員登録)フォームはこちらです

 

 

国際結婚フィリピン トップページへ