国際結婚は当たり前の時代?外国人の出会いから結婚生活までを解説

国際結婚の花嫁外国人女性は目鼻立ちがはっきりししていてスタイルもよく、日本人女性にはない魅力を持ち合わせているため、国際結婚に憧れを持つ日本人男性は少なくはないはずです。

具体的にあの国の女性と結婚したと考えている人や、または日本人女性にない個性を求めている日本人男子もいることでしょう。

しかし国際結婚はあるわけですが、外国人女性との出会いのきっかけは普通に日常生活を送っているだけではあり得ません。ではどうすれば外国人女性と出会えるのでしょうか?

当記事では、そんな迷える男性に外国人女性との出会い方について説明していきます。
最後まで読めば、国際結婚にグンと近くなる内容ですので、ぜひご一読ください。

出会いの方法で多いのは?

日本人男性が外国人女性と出会う方法はいくつかありますが、実際にはどのような方法で出会っている方が多いのか考えたことはありませんか。

出会いの方法としてポピュラーなのは国際結婚相談所ですが、利用したことがなければ不安ですね。

先に国際結婚を成就させている人生の先輩が、どのようにして外国人女性と出会ったのかを知ることは、国際結婚への第一歩につながるといえるでしょう。

安心の国際結婚相談所

国際結婚紹介所を利用して女性に出会う方法です。外国人女性に声をかけるのはハードルが高いと考えている人もいるようですが、実際のところ日本人男性から声をかけられるのを期待している外国人女性も少なくないのです。

そもそも声をかけなければ、国際結婚のきっかけはおろか女性とのお付き合いなんて夢のまた夢です。

日本人女性と結婚をする場合であっても結婚相談所やお見合いを利用するケースはありますし、イメージでいえばそれに近い形なのが国際結婚相談所です。

国際結婚相談所はその名のとおり国際結婚を前提とした相談所で、インターネットを使っておこなう婚活であり、主に在日国際結婚と海外国際結婚の二通りの方向性で国際結婚へと結びつけていくものです。

どちらも国際結婚の仲介所ですが、海外女性との生活することを前提とした外国人女性とのお付き合いで、海外国際結婚は海外で結婚を進めますという二種類に分かれます。

どちらにしても異国の地でわからない手続きの方法を熟知したスタッフが手厚いサポートをしてくれるため、出会いもそうですが結婚までの手続きもスムーズに進められます。

国際結婚初心者の多くが、手続きや結婚後に不安が多いと感じている人にはもっともおすすめの方法といえるでしょう。

一番のメリットは語学力がなくても、中間に入ってくれる国際結婚相談所がいるので、大丈夫ということですね。

ただし、どんな相手を紹介されるかは、その国際結婚相談所の質によりますので、性格も外見も良い相手を望むのでしたら、よくよく精査して国際結婚相談所を選ばないといけませんね。

海外旅行先で運命の出会い

ふたつめの方法は、海外旅行先や留学先での運命の出会いです。

当然ですが、異国の地に足を運べば思いがけない出会いをすることはあります。

たとえば、現地の旅行中でガイドさんと恋に落ちて結婚したという人はいますし、留学先で出会い結婚するということもあるでしょう。

そこに男女がいるのであれば、恋に落ちることは偶然という名の必然なのです。ロマンチックですよね。

ただし、相応の語学力がないと、意思疎通がなかなか難しいですね。

マッチングアプリでの出会い

手軽なマッチングアプリを利用しての出会いです。

若者のコミュニケーションの主流はインターネット(以下:ネット)ですから、マッチングアプリの普及は当然の流れと言えます。ちなみに大手の出会い系アプリの外国人登録者数は3万5千人以上に上っています。

例えばペアーズやマルチドットコム、omiaiなどの有名アプリには外国人登録者が大勢いらっしゃいますし、男女の登録者数はアプリによって違いがあります。

ただし、実態は、男性が女性のふりをしてカモを引っ掛けようとしていたり、フェイクの写真で釣ってお金を無心しようとしていたりと、危険がいっぱいのようです。

まあ、それはそうですね。若くて綺麗で性格もいい女性でしたら、いくらでも周りでご縁があるでしょうし、そういった女性が相手の正体がわからないネットで真剣に相手を探す訳はないですからね。

オンラインゲームでの出会い

4つ目はゲームやSNSプラットフォームでの出会いです。

最近ではオンラインゲームを共同で制覇するものも増えており、共同で敵を倒しといったものも増えています。

この連帯感が大きなコミュニティをつくり、ひとつのグループとして連帯感を持つことは容易に想像がつきます。

ネットでは匿名が多いですが、それでもオフ会などの開催で交流を深めているグループも存在します。

出会いのチャンスはいろいろなところに転がっているものなんです。

ただし、ゲームでは語学力は要りませんが、直接のコミュニケーションとなったら、相応の語学力がないと、意思疎通がなかなか難しいですね。

デートで垣間見えるお国柄。日本人と外国人はどう違うの?

日本人と外国人はお国柄といった文化の違いから感覚が少し異なるところも多々あり、デートの際に日本の常識をうっかり押し付けてしまうと、外国人女性に嫌われてしまうことも。

もちろん逆に好かれるポイントなども同様のこともあれば異なる場合もあるのは当然で、どうせ外国人女性と付き合うのなら外国人女性がどのようなデート場所が好きなのか、どのような考え方なのかを理解しておく必要があるのではないでしょうか。

そこで当項目では、外国人女性とのデートにあなたが失敗しないためにその違いについて解説していきます。

デートでおすすめの場所はどこ?

外国人女性とのデートでおすすめの場所は相手の国籍によっても異なりますが、外国人女性と初デートするのであれば3つおすすめなスポットがあります。

まずこのの3つは外せません。

カフェ
映画館
アミューズメント施設

カフェは日本人女性とのデートでも同じことがいえるのですが、外国人女性との初デートでは海外でもメジャーなスタバなどのカフェに行くのがおすすめです。

理由は明らかで、海外人女性に取っては親近感があり安心しますし、いきなりお酒を飲める場所に行くのは女性にとってもハードルが高いばかりか不謹慎です。

もちろんお酒好きの女性もいるので、そのあたりは臨機応変に対応すべきですが、いきなりパブやバーに誘うと性的な行為が目的なのではと女性側が勘違いしてしまうこともあるので気を付けましょう。

海外の女性たちは日本の女性以上に酒の席での警戒感が強いので、無理に誘うことは絶対にやめましょう。

映画館やアミューズメントパークがおすすめな理由は会話を多くしなくて済むからです。

当たり前のことですが、日本人男性と外国人女性の場合は言葉の壁があります。

なかには、日本語がペラペラの女性もいますし、お喋りが好きな女性もいるのですが言葉の壁というのは思ったより低くはないのです。

相手の女性の心持を穏やかにしてあげるためにも、このような会話に気を使わないスポットを最初から選ぶのがジェントルマンなのです。

外国人が考える友達以上恋人未満の関係とは

友達以上恋人未満というのは日本独特の便利な言葉かもしれませんが、日本人と外国人ではこの言葉に対する感覚がまったくちがいます。

たとえば、日本人はこのような場合は友達よりは大切だけど、付き合う(SEX)まで至っていないというように都合のいい言葉として使いがちです。

この曖昧さが外国人からすると意味不明なのです。

つまり、日本人の感覚では性的な関係がない場合でもこのような表現をしますが、外国人の場合は性的な関係ありきなのです。

国際結婚に立ちはだかるビザ問題

国際結婚をした際に問題になるのがビザが発行されるかどうかという部分です。

多くの人は結婚をすれば自然と配偶者ビザが発行されると勘違いしていますが、実際には簡単にビザが発行されることはなく、入管審査をきちんとされます。

日本における入管政策は、国境の壁をなくすためのグローバル化という観点から考えるとまだまだ進んでいません。

これは、日本が地政学的に島国であることで他国の侵略から守ってきたこと、また鎖国によって他の宗教の侵略を防いでいた歴史文化の名残でもあります。

しかし、近年のグローバル化に沿った政策転換の時期にきていることは疑いなく、悩ましい問題となっています。

さて配偶者ビザの申請にあたっては、婚姻関係が真実であるものなのかという点と、夫婦に安定した経済基盤があるかという点が厳しく審査されます。

不法入国や不法滞在、外国人による犯罪など疑わしい部分に対する懸念がぬぐえないからというのも理由のひとつといえるかもしれません。

また、審査基準として外国人との交際期間や日本人側の離婚歴が重視される傾向があります。この理由は、やはり不法滞在や偽装婚の問題が懸念されるからです。

国際結婚相談所やマッチングアプリを経由しての出会いでもビザ取得に関しては厳しく審査されるため、やはりビザ取得は国際結婚における高い障壁といえるでしょう。

勢いだけでは成功しない。結婚前に確認しておくべきこととは

日本人同士の結婚でも同じことがいえますが、たとえ大恋愛をしたとしても結婚は勢いだけは成功しません。

ましてや国籍の違う二人では結婚前に確認しておかなくては、後々トラブルになりかねないことが多数あります。

そこで当項目は、外国人と結婚する前に確認しておきたいポイントを紹介します。

宗教や文化の違い

ひとつめに確認しておきたいことは宗教や文化の違いです。

日本では、主には仏教を信仰している家庭は多いですが、宗教により大きく影響された習わしというものは存在しません(一部では暴徒化した宗派もあるが)。

しかし、世界には様々な宗教があり、タブーとされていることや逆にしなければならないという強制力をもった宗教を信仰しているケースもあります。

わかりやすい例であげると、イスラム教では豚は忌避すべき動物という理由で食べないという話を聞いたことはあるでしょう。

また、日本では靴を家の中では脱ぐ文化や、トイレのドアは常に閉めておくのが常識とさてれています。

ところが、外国では家の中であっても土足で生活することは普通にありますし、トイレのドアは入っていないときは開けっ放しという国もあります。

宗教は外国人にとって生活する上での基礎であり、その教えのままに生きている人もいます。その点を我々日本人は理解しなくてはいけません。

結婚する相手が外国人の場合は、敬虔なキリスト教徒なのかイスラム宗派の信仰者なのかを聞いたうえで、お互いの国の宗教や文化について話しておく必要があるといえるでしょう。

日本人はキレイ好き?外国人と衛生観念の違い

ふたつめは衛生観念の違いです。

日本人は外国人からみるとキレイ好きな民族と思われることがありますが、結論をいってしまえば、これは事実といえます。

前述で出てきた土足厳禁という文化が根付いているのは、日本人特有のものでこれによって家屋の衛生状態も保たれています。

もちろん外国でもキレイ好きの方は靴を脱いで生活をしていますが、一般的とはいえません。

さらに日本人は入浴が大好きで、衛生的と同時に湯船に浸かってリラックスする場としても利用しています。

海外でもトイレが終わるとシャワーを浴びるといった極端な例もありますが、日本のように文化として根付いているとは言い難いでしょう。

また公衆衛生の面でも日本個々人の意識は高く街はキレイに保たれていますが、外国人の一部にはゴミのポイ捨てや生ゴミの管理、また痰や唾をところ構わず吐いたりする不届き者もみかけます。

しかし、日本人の中にもコンビニの駐車場に弁当のゴミを置いていく不届き者いますので、これに関しては一概にお国柄による衛生観念の違いともいえなくなってきました。

料理の好みはとっても大事

3つ目は料理の好みについてです。

食文化はその国の文化であると同時に美味しい食べ物は生活を、そして心を豊かにしてくれるものでもあります。

その点で悩ましいのが日本と海外の違いです。例えばタイ人や韓国人など辛い物を好む方々からすると、日本の辛い物は現地の100分の1程度だとする方もいます。

つまり、辛いもの好きの外国人女性と結婚すると、食卓にはとてつもなく辛い料理が出てくる可能性があるということです。
また、日本人からするとパンは甘くてふわふわした食べ物という印象がありますが、フランスパンの本場であるフランス人が日本のパンを食べると、柔らかすぎてスフレ(フランスのやわらかいお菓子)のようだという印象を抱きます。

この辺りの食文化の違いを変えることは難しいですが、外食を続けていると互いに美味しいと思うものが見つかるはずです。

憧れの国際結婚で人生をハッピーに

国際結婚は出会いから生活までさまざまな障壁があり、憧れや愛だけでは上手くいかないと認識を新たにするときがくるでしょう。

しかし、国際結婚は異国の文化に触れられ、国境を越えて愛が誓える素敵な形であり、人生の視野を広げるためにも国際結婚をしてハッピーな人生を過ごしてみませんか。

今もどこかで、未来のパートナーはあなたを待っているかもしれません。

無料会員登録ページはこちら
error: 当サイトはすべて著作権法で保護されています。コピー行為は違法となります。

© 2021 サニーブライド 国際結婚フィリピン All rights reserved