【フィリピンでの国際結婚手続き 総まとめ】 | 国際結婚フィリピン

ビジネスウーマン

1. 婚姻要件具備証明書の入手

ご婚約者のフィリピン人女性と共に、在フィリピン日本国大使館に行き、婚姻要件具備証明書の申請をします。

その際、日本人男性が提出する書類は、戸籍謄本(抄本)1通(発行後3ヶ月以内のもの)とパスポートです。

離婚歴のある方は、戸籍謄本(抄本)に離婚の事実が記載されている必要があります。

フィリピン人女性が提出する書類は、出生証明書(PSAもしくは市役所発行のもの)です。  

PSAとは、Philippine Statistics Authority(フィリピン統計機構)のことで、旧NSO (National Statistics Office)のことです。

婚姻要件具備証明の申請書の記入見本は以下の通りです。

婚姻要件具備証明申請書の記入見本

皆様に、日本からフィリピンに持参していただくのは、あなた様ご本人の戸籍謄本と印鑑と写真です。(もちろんパスポートも)

戸籍謄本(全部事項証明書):1通(発行3ヶ月以内)

フィリピン人女性と国際結婚希望のあなた様が再婚の場合、あなた様の戸籍謄本に前妻の除籍が記載されていれば、この戸籍謄本だけでOKですが、離婚の記録が記されていなければ、改製原戸籍謄本または除籍謄本を1通お取り下さい(発行3ヶ月以内) 。

フィリピン人女性と国際結婚希望のあなた様が初婚の場合でも、あなた様が戸籍筆頭者の場合(戸籍分離とか養子縁組などの理由で)は、改製原戸籍謄本または除籍謄本を1通お取り下さい(発行3ヶ月以内) 。

貴方様が初婚者でご両親が戸籍筆頭者の場合は戸籍謄本だけでOKです。

1日目、マニラ国際空港に到着したその足で、在フィリピン日本国大使館に向かい、申請します。

在フィリピン日本国大使館は、空港からすぐのところにありますので、午後1~2時の間にマニラ着でも、遅滞なく向かえば、申請はできます。ただし、申請受付は午後4時半までなので、そうそう、のんびりともしていられませんが。

申請日と受領日は、当然、在フィリピン日本国大使館がオープンしていなければいけませんので、同大使館が休みかどうか、事前に確認して、旅程を組む必要があります。

在フィリピン日本国大使館休館日

在フィリピン日本国大使館
開館日:月曜日~金曜日(祝祭日を除く)
申請受付時間:8:40 – 12:00, 13:30 – 16:30

あなた様の申請に問題がなければ、在フィリピン日本国大使館からは、婚姻要件具備証明書が、翌日発行されますので(有効期限は90日)、翌日に、その婚姻要件具備証明書を受領しに、再度在フィリピン日本国大使館に行きます。

1日目の午前に出せば翌日午前、1日目の午後に出せば翌日午後になりますので、皆様は午後一番13:30に受け取れるよう、11時頃にはホテルを出発して大使館に向かいます。

交付時間:9:30 – 12:00, 13:30 – 15:30

2. 結婚許可証の入手

婚姻要件具備証明書が入手できましたら、お相手のフィリピン人女性が住んでいる地域の市役所に行き、結婚許可証(Marriage License)の申請をします。

その際、日本人男性は、在フィリピン日本国大使館で発行してもらった婚姻要件具備証明書と、写真、ハンコと、パスポートコピーを提出します。

フィリピン人女性が提出する書類は、出生証明書(PSAもしくは市役所発行のもの)、独身証明書(CENOMAR。セノマー)と、写真です。  

どこの市役所かにもよりますが、申請に先んじて、新郎新婦揃ってセミナーの受講を義務付けているところもあります。

ある市役所のセミナーは、午後一杯かかり、つまり移動も含めると1日がかりになってしまいます。

内容はバースコントロールの話で、タガログ語もしくは英語(市役所によって異なる)。通訳は、当事者でないので中に入れませんし、セミナー中は婚約者さまと私語をかわすこともできません。

しかもお相手の女性が25才未満ですと、2日がかりでセミナー受講を義務付けられる市役所もあります。日本の市役所のように冷房が効いているところでしたら、まだしも、フィリピンの市役所での受講は暑くてイヤになります。この辺りのことは、ご相談下さい。

市役所にて結婚許可証の申請が受け付けられますと、フィリピンでは男性の誰と女性の誰が結婚を申請していると一般に公示され(10日間。休日を含むか含まないかは、その市役所による)、その婚姻に異存がなければ晴れて結婚許可がでます。

しかし、普通の日本人男性にとっては、そのまま10日間フィリピンにいる事は難しいので、結婚許可証を市役所に申請した時点で、皆様は日本に一旦帰国します。

結婚許可証の有効期限は120日ですので、この間に結婚式を挙げます。

3. 挙式、結婚証明書の入手

フィリピンでは、結婚を挙行できる権限のある者は法律で定められています(神父、裁判官など)。

この婚姻執行担当官と成人2名以上の証人の前で結婚の宣誓を行い、結婚当事者と承認が結婚証明書に署名し、それを婚姻執行担当官が認証する事により結婚が成立します。  

4. 日本での結婚届の提出

フィリピンで結婚成立後、3ヶ月以内に日本の市町村役場に結婚届を提出します。

その際、必要な書類は、戸籍謄本(抄本)、結婚したフィリピン人女性の出生証明書とその日本語訳文、結婚証明書とその日本語訳文です。  

入管に提出する場合はPSA発行のものでないとダメですが、市役所への婚姻届の場合、結婚証明書は、PSA発行のものでなく、市役所発行のものでも受け付けられます。

5. 結婚したフィリピン人女性のCFOセミナー受講

外国人と結婚したフィリピン人女性(配偶者)はCFOセミナーを受けなければなりません(CFOはCommitte on Filipinos Overseasの略です)。

日本人を含む外国人と結婚し相手方の国で生活をしようとするフィリピン人配偶者は必ずこのセミナーを受講しなければなりません。

しばらく前までは、曜日が決められていて、予約制ではなく、その日の先着順の受付なので、朝5時とか6時頃から列に並ばないと、その日の定員に達してしまい、折角、行ったのに受けられなかった、なんて事もありました。

みなさまとご結婚される女性たちは、まだ暗いうちに家を出なければならないので、大変だったのです。しかし、今は、インターネットで予約できるようになりました。 (^^)v 

 

CFO受講証明

 (CFOにてのガイダンスとカウンセリングが受講済みである証明)

CFO受講証明

 

 

パスポートに貼られたCFOステッカー

CFOセミナー

6. 結婚したフィリピン人女性のパスポート申請

  結婚したフィリピン人女性(配偶者)は日本に来る為にパスポートの取得が必要です。日本のように予約なしで戸籍謄本と免許証だけ持って行けば1週間後に出来上がるというものではなく、取得には、インタビューの予約が必要だったり、申請に身分証明書(ID)が必要だったりするので、手間がかかります。(そもそもIDを持っていなかったりするので、それらの取得から始めなければならない為)  

7. 在留資格認定証明書の申請

結婚したフィリピン人女性(配偶者)は日本に来る為にビザが必要です。その為に、まず在留資格認定証明書の交付を入管に申請し、交付を受けなければなりません。この申請が一番のヤマ場です。

日本人男性は、在留資格認定証明書交付申請書、戸籍謄本、住民票、在職証明書、所得署名所、身元保証書、質問書、写真などを提出します。

フィリピン人女性が提出する書類は、出生証明書(PSA発行のもの)とその日本語訳文、結婚証明書(PSA発行のもの)とその日本語訳文、写真です。

 

在留資格認定証明書

在留資格認定証明書

8. ビザの申請    

入管から在留資格認定証明書が発給されましたら、原本を花嫁に送っていただきます。新婦は在フィリピン日本大使館にビザの申請を行います。(正確に言うと、在フィリピン日本大使館への直接申請ではなく、指定の旅行代理店経由)

提出書類:

  1. フィリピン共和国パスポート
  2. 査証(ビザ)申請書
  3. 申請用写真1枚(4.5㎝×4.5㎝、上半身無帽、背景白)
  4. 出生証明書
  5. 婚姻証明書
  6. 在留資格認定証明書原本及び写し各1部

日本への入国ビザが発行されましたら、いよいよ来日となります。

 

パスポートに貼られたビザ

ビザ

フィリピン女性とのお見合いから国際結婚までの流れについての詳細は、「フィリピン女性とのお見合いから国際結婚までの流れ」のページをご参照下さい。

国際結婚のコースの申し込みをされなくても、あなた様が無料会員登録されますと、新着のフィリピン人女性の情報など、お得な情報をいち早くメールでお送りしますので、お好みの女性を見逃すことはありません!

しかも、会員登録をした日本人男性は、フィリピンの女性たちとのメール交換を無料で利用することもできます!(翻訳も無料サービスなので、皆様は日本語でやりとりするだけです)

今すぐ、会員登録を!
無料会員登録ページはこちら
error: 当サイトのコンテンツは著作権法で保護されていますので、コピーはできません

© 2020 国際結婚フィリピン All rights reserved